• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > 〝格が違う〟沢村賞・マー君と佑のツーショット拒否

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

〝格が違う〟沢村賞・マー君と佑のツーショット拒否


 沢村賞投手をバカにするな——。3月10日に台湾との東日本大震災復興支援試合(東京ドーム)を行う日本代表のユニホーム贈呈式を巡って、楽天がNPBに〝断固拒否〟の姿勢を見せた。


 今キャンプ中、各球団はNPBの働きかけで、日本代表のユニホーム贈呈式を実施している。監督がチームの代表選手に手渡しするイベントだが、そんななか日本ハムと楽天の合同贈呈式を巡ってこんなことがあった。


 両球団のイベントは日本ハム—楽天のオープン戦が開催される沖縄・名護で25日に行われるはずだったが、楽天だけ12球団最後となる3月3日の長崎で実施することに変更された。


「ほかの11球団は拠点の球場でやっているから楽天もそうしたいとNPB側に申し出ました。ウチは3月3日に長崎でホームゲームがあるので、試合前セレモニーというかたちで行うということで了解していただきました」(楽天球団関係者)


 これで、田中将大投手(23)と日本ハム・斎藤佑樹投手(23)とのツーショットで贈呈式を大々的にアピールするというNPBの思惑はもろくも崩れ去ったわけだが、実はそれこそが楽天の心配事だった。


「あくまで田中が主役じゃないとダメでしょう。ビジターで行うことで、主役は佑ちゃんになる可能性がある。田中のプライドを考えたらツーショットで撮影なんて受けられるわけがない」(別の球団関係者)


 今回は田中が代表のエースナンバー「18」を初めてつける晴れ舞台。ましてや田中は昨年の沢村賞投手だ。両者の格の違いは歴然なだけに、日本のエースの存在がかすむことなど絶対に許されない、と考えるのは当然だろう。


 一歩間違えれば田中の機嫌も損ねかねなかっただけに、関係者もホッとしているに違いない。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】牛山貴広が記念初優勝
牛山貴広が直線差し切って記念初優勝をつかんだ!

【とこなめGⅡモーターボート大賞】山田康二がGII初制覇!
山田康二が得意のとこなめでイン逃げを決めて優勝を飾った。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。