• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > DeNA〝球団閉鎖〟危機

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DeNA〝球団閉鎖〟危機


 DeNAがインフル・パニックに見舞われている。2日目に中畑監督がダウンしたのに続いて第1クール最終日の5日には、主砲のラミレスもリタイア。他にも体調不良を訴える選手がおり、負の連鎖は止まりそうもない。こんな危機的状況でも、球団はファンサービスの継続を主張。現場から悲鳴が上がっている。

 2年7億円助っ人も猛威を振るうウイルスには勝てなかった。この日の朝に発熱や喉の痛みなどを訴えたラミレスは宿舎で診察を受け、インフルエンザA型と診断された。自室で静養し「100%の姿でファンの皆さんに会えるよう、体を休めて一日も早く絶好調になって戻ってきます」と広報を通じてコメントした。


 これで池田球団社長やスタッフを含めて感染者は5人目。だがチーム内感染の広がりは収まりそうもない。コーチの一人が「次の感染者は吉村」と名指しするように、このキャンプからラミレスに師事し朝昼晩と一緒に行動していた吉村は「咳が止まらないんです」と訴えた。


 結局、練習メニューは全てこなしたものの、今後発症する恐れは否定できない。


 球団の対応も後手に回っている。この日の練習後から選手に移動中のマスク着用と専用レーンの通行を指示。ところがマスクをしない選手も多く、徹底はされていなかった。投手陣は全体練習後に宿舎のプールで水泳トレも行った。

 

 またDeNAの方針であるファン拡大の観点から「今後もファンサービスはおろそかにしません」(球団関係者)と、選手とファンとの接触に制限を設けるつもりはない。あるコーチは「ラミレスは監督とか今までの感染者とはほとんど接触がなかった。ファンからウイルスをもらったのかもしれないのに」と、この対応にも疑問の声を上げた。「このままじゃ学級閉鎖じゃなくて球団閉鎖だ」と嘆く関係者もいる。そうなったらチームはオープン戦を前に崩壊だ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【浜名湖ボート】 開設64周年記念GⅠ浜名湖賞
注目選手インタビュー、記者の予想など動画コンテンツを配信!

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

【サマーナイトフェスティバル】新田祐大が渡辺一成とワンツー決めて“夜王”戴冠
新田祐大が豪快なまくりで制覇。高松宮記念杯に続くビッグレース連続優勝を決めた。


おすすめコンテンツ
マーキュリーカップ(7月17日・盛岡競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

キアヌ演じる伝説の殺し屋が“1分1殺”以上の勢いで大暴れ

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレースまるがめ・SG「オーシャンカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。