• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > 悪影響が出始めた〝中畑お笑い路線〟

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

悪影響が出始めた〝中畑お笑い路線〟


 DeNAの中畑清監督(58)が12日、2日連続の紅白戦で投打の厳しい現実を突きつけられた。だが、ナインの最大の関心事は朝の声出しでのネタ探し。中畑監督が推奨する“お笑い路線”が悪い方向に暴走し始めた。

「みんな体力がなさすぎる。どこにローテ投手がいるの? 頭がおかしくなる」。2日で計17投手が投げて直球の最速がジオの143キロという結果に友利投手コーチは天を仰いだ。


 11日には最大の成長株だった「ハマのダルビッシュ」こと国吉が2回を投げ6安打4失点とメッタ打ち。さらに期待の3番候補・筒香が2日間で6打数1安打3三振と不発だったばかりか、三塁守備でもゴロを後ろで待ってそらすなど精彩を欠いた。中畑監督にとっては初めてチーム力の現実を突きつけられた格好だが、ナインが頭を抱えているのは野球のことよりも日々のネタ探しだという。

 

 キャンプ恒例の1日2選手による朝の声出しは監督のキャラもあって笑いが求められている。2年目の福山が山本リンダの「狙いうち」を歌いながら踊ったことでハードルが上がり、最近では下ネタ路線に突入。11日には藤江が女性物パンティーの忘れ物ネタで爆笑を取り、12日は内藤が「一皮も二皮もむけて下の皮もむけるように頑張ります」と包茎ネタまで繰り出した。これに中畑監督までが「大人になれよッ」と合いの手を入れたことで、ますます収拾がつかなくなった。

 

 ある若手ナインは「声出しのハードルがドンドン上がっている。食事時もみんなで『自分の時はどうしよう?』という話ばかりしている」と選手なりの苦悩を明かす。巨人からFA移籍した鶴岡も「監督の影響で選手がみんなダジャレを言うようになった」と話すように、期待された中畑効果は別の方向へ行こうとしているのが現実だ。


 もちろん暗いより明るい方がいいに決まっているが、本業よりネタの仕込みに神経を使っているようでは本末転倒。依然として注目度の高いDeNAだが、グラウンド内外で正念場を迎えた。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開!“謎の美女”祥子と“謎の聖女”璃子も参戦

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北日本新聞杯(5月21日、金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。