• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > 巨人オフの補強は「第2の杉内」獲り

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巨人オフの補強は「第2の杉内」獲り


 交流戦優勝を決めた巨人が、さらなる王国作りへ乗り出している。今回のVの原動力となったのは、ノーヒットノーランを含む4勝1敗の杉内俊哉(31)だったが、原辰徳監督(53)は「第2の杉内」をテーマに、水面下での補強戦略を進めているという。キーワードは「キレのある左腕」。ターゲットはロッテ・成瀬善久(26)だ——。

 今年の交流戦ではセ・リーグ初の優勝を飾った原巨人だが、その程度で満足してはいられない。開幕前に白石オーナーが「今年は無敵巨人元年。10連覇を目指す」と表明したように、黄金時代の復活を見据えた長期的補強計画が進行中だ。とりわけこの交流戦で手も足も出ず、2連敗を喫した〝天敵〟でもある成瀬の獲得が最優先課題の一つとなる。誰よりも、ほかならぬ原監督が成瀬の力を評価している。交流戦で5月26日、6月10日と点こそ取ったものの、いずれも勝負が決まった9回二死からと事実上の完敗。2度目の対決となった東京ドームでは、5番・阿部以外右打者を並べながら最後に1点を取り返すのがやっと。「いい投球をされた。相手投手が上回った」と、潔く力負けを認めて〝脱帽談話〟を口にするしかなかった。球団関係者が原監督の胸中をこう代弁する。

「現代の野球でエースになれるのは、キレのある変化球を持ち、なおかつ緩急とコーナーワークを使える左投手だと原監督は考えています。だからこそ杉内をソフトバンクからFAで獲得し、背番号18まで与えて、見事に巨人で成功させた。とはいえ、杉内も31歳。年齢的に見れば、2〜3年後までエースでいられるかは分からない。その点、成瀬はまだ26歳で、国内FA権を取得する2年後も28歳。そのときに獲得することを考えて、いまから調査を進めておこうということ。メジャーも含めて、興味のある球団は多いようですから」

 2年後のFAだけでなく、条件さえ整えば今オフのトレードでも動きかねないほど、原監督は成瀬にほれ込んでいるという。

 確かに、巨人は杉内で貯金する一方、150キロ超の球速が売り物の右腕・澤村は4勝7敗とひとりで借金生活に転落。昨季の開幕投手・東野も今季はまだ1試合登板しただけだ。二軍の若手を見ても、剛速球を誇る7年目の辻内はいまだ一軍で登板機会がなく、変化球投手の2年目・宮国、3年目・星野が初勝利をマークしている。「未来のエースはスピードよりキレとコントロール」が、原巨人の新たな補強コンセプトなのだ。

 交流戦初優勝で勢いをつけた巨人、この調子で突っ走れば前半戦を首位で折り返す可能性も十分にある。前半戦終了後、原監督が毎年恒例の渡辺球団会長へ前半戦終了報告に訪ねた際、その場で早くも「成瀬」の名前が話題に出るかもしれない。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】牛山貴広が記念初優勝
牛山貴広が直線差し切って記念初優勝をつかんだ!

【とこなめGⅡモーターボート大賞】山田康二がGII初制覇!
山田康二が得意のとこなめでイン逃げを決めて優勝を飾った。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。