• 文字サイズ

トップ > スポーツ > その他 > 「猫失格」はカンボジア側のチョンボ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「猫失格」はカンボジア側のチョンボ
2012年05月12日 12時00分

 昨秋にカンボジア国籍を取得し、同国オリンピック委員会からロンドン五輪男子マラソン代表に選ばれたタレント猫ひろし(本名・滝崎邦明、34)が、国際陸連の定める国籍変更者の参加基準を満たしておらず、五輪出場が消滅した。そもそも国籍変更にまつわる規制強化は昨夏に各国に示されていたもので、カンボジア側と猫のルール無知が浮き彫りになった格好だ。

「今回のルールは3月12日付で改正されたものだけれど、その前段階として、昨年11月に効力を発したものがあった。8月の大邱(韓国)の世界選手権時に決定した『2年間』という規則。世界各国の陸連が自ら承認したものだから、(国際陸連加盟国は)それを知っていなくてはいけない」
 猫の資格問題が浮上した当時、日本陸連関係者は国籍変更者の国際大会出場に関する規制強化について、そう解説した。

 猫が抵触したのは、国際陸連競技規則の「ルール5」第2項。過去に国際大会に出場した経験のない国籍変更者が国際大会に出る場合、国籍変更から1年以上が経過していることを新たに条件と定めた。例外規定として「連続1年の居住」または「国際陸連理事会の特例承認」も設けたが、昨年10月にカンボジア籍を取得した猫はいずれも該当しないとされ、アウトとなった。同国側はこの判断に従うという。

 今回の五輪消滅をめぐっては、もっぱら3月12日から有効となったこの新規則が取りざたされているが、前出の日本陸連関係者が示すように、実は「前段」があり、猫のような国際大会出場歴のない国籍変更者にまで国際大会出場に関する規制が設けられることは周知の事実だったのだ。

 それが改正前の「ルール5」第2項で、「出場する国際大会の2年前に新たな国籍を取得していること」などが内容。ただ、前出の日本陸連関係者によると、それでは厳しすぎるといった意見もあり、現行のものに改正されたという。

 五輪代表に決まった3月末以降、猫をめぐっては「カネで五輪出場を買ったに等しい」「カンボジア人の夢を奪う」などと批判的な報道や意見が相次いでいた。だが、そもそもは門前払いだったというわけ。記者会見まで開いた猫はぬか喜びをさせられたのだが、五輪挑戦を後押ししたカンボジア側の責任は大きい。

 昨夏に示された国際陸連の規制強化を知らないのだったら、最低限の情報収集すら怠った大失態ということになる。規則の解釈の違いの可能性もなくはないが、国際陸連との間で詰めた形跡はみられない。早い段階で対策が行われていれば、今回のような騒動は起きなかった可能性もある。

 そう考えると猫はカンボジア側のミスの被害者ということになる。とはいえ、走ること以外の面をすべて同国側にお任せしていたのなら、〝自業自得〟のそしりも免れないだろう。国籍を変えてまで五輪出場にかけるなら、参加資格が大丈夫かカンボジア側に問いただし、自らも情報収集すべきではなかったか。

 昨年11月の東南アジア大会(インドネシア)にカンボジアの一員として出場した当時は、国際大会出場資格が問われなかった猫。国際陸連が今回、資格を調べた背景には、国籍変更で起こった一連の論争もあるに違いない。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【浜名湖ボート】中京スポーツもみじ杯は重野哲之が優勝
ミス東スポ2016・藤井奈々が水着姿で重野哲之を直撃!

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【ベッキー】不倫休業からテレビ復帰までの一部始終
ゲス川谷との不倫騒動で休業に追い込まれたベッキー…今後はどうなる?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

ミス東スポ2016グランプリの桜井奈津が悩殺“挟み打ち”秘技で熱闘 !

初代王者はドルさん!

モーニング娘。'16のメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

次回はSG「グランプリ」、GI「クイーンズC」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。