• 文字サイズ

トップ > レース > 競馬 > 【韋駄天S】松元厩舎・吉田厩務員のJRA全10場アシストしたフィドゥーシア“得意コース”で連勝十分

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【韋駄天S】松元厩舎・吉田厩務員のJRA全10場アシストしたフィドゥーシア“得意コース”で連勝十分


春雷Sを勝ったフィドゥーシア(左)

【韋駄天S(日曜=21日、新潟直線芝1000メートル)栗東トレセン発秘話】先週(13日)、現役調教師としては新記録となる12週連続勝利を達成したのが角居調教師。2月26日から2か月半以上もの間を毎週、何らかの馬が勝ったというのだからすごい話だが、「彼はこの後もまだまだ記録を伸ばしていくんじゃないか」とさらなる更新を予言するのは中村調教師だ。

 

 中村師といえば、角居調教師に破られるまで11週連続勝利の記録を堀調教師とともに保持していた“元タイトルホルダー”だけに、なにやら説得力がある。

 

「先週、角居厩舎が唯一勝ったレース(京都5Rバリオラージュ)は、トモを滑らせていなければ目野さんの馬(ナムラマル2着)が勝っていたはず。勢いに乗っている時っていうのは、ああいうことがあるものなんだ。ウチの厩舎がずっと勝っていた時も“運が味方したなあ”というレースがいくつもあったから。まだまだ角居厩舎の流れは続くよ」

 

 果たして、その予言通り今週も記録更新なるか、注目である。

 

 記録といえば、4月の中山(春雷S=フィドゥーシア)で人知れずJRA全10場で担当馬が勝ち鞍を挙げる“隠れ記録”を達成したのが松元厩舎の吉田厩務員だ。

 

「今まで中山だけずっと勝てなくてな。ビリーヴのスプリンターズS(2003年デュランダルの2着)でハナ差負けした悔しい思いがずっと残っていたし、そのビリーヴの子供で勝てたというのも良かった。何かスカッとしたわ」

 

 何年も勝てない厩務員がいるこの世界で、全10場Vというのも立派な記録。今週はその記録達成を飾らせてもらったフィドゥーシアが日曜(21日)新潟メーン・韋駄天Sにエントリーしている。

 

「直線芝1000メートルがいい方に出てくれればいいけどね」と当の吉田さんは期待半分不安半分といった感じだが、新潟といえば、ビリーヴが02年のスプリンターズSを快勝したコース。苦手な中山を克服したとあれば、吉田さんの“得意コース”で連勝…は現実味のあるシナリオではないか。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【瑞峰立山賞争奪戦】富山競輪場で24日開幕! new
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【高松宮記念杯競輪】新田祐大が連覇達成!
新田祐大が連覇で4回目のGI優勝を飾った。

【とこなめGⅡモーターボート大賞】山田康二がGII初制覇!
山田康二が得意のとこなめでイン逃げを決めて優勝を飾った。


おすすめコンテンツ
石川ダービー(6月20日=金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。