• 文字サイズ

トップ > レース > 競馬 > 天皇賞・春に続きNHKマイルCも軸指名ズバリ「GⅠはアンカツに聞け!!」次回は25日(木曜)発行紙面で競馬の祭典「日本ダービー」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天皇賞・春に続きNHKマイルCも軸指名ズバリ「GⅠはアンカツに聞け!!」次回は25日(木曜)発行紙面で競馬の祭典「日本ダービー」


安藤勝己元ジョッキー

 大好評の本紙連載コラム「GⅠはアンカツに聞け!!」も今年で5年目に突入! 昨年後半戦で“神指南”を連発した安藤勝己元ジョッキーは今年も絶好のスタート。JRA・GⅠ開幕戦となるダート王決定戦「第34回フェブラリーS」を奇策で仕留めました。

 

「混戦やからこそ、混戦に強い馬…要はいろんな競馬に対応できる馬がええんやないかって。となると、ベストウォーリアを中心視する手もあるんやないか」とし、馬券の買い方については「『頭』を取るシーンまでは正直、イメージしづらいのがつらいとこやけど。『確実に上位には来るやろ』って感覚で、軸馬に指名できるってことや。2着付けにした馬単とか、2、3着付けにした3連単もあり」と指南した。結果は5番人気のベストウォーリアが2着とズバリ。昨年に続く2年連続の開幕戦ゲットとなりました。

 

 そして「ドバイワールドカップデー諸競走」のドバイターフは「馬場さえ合えば、それなりにやれる」と推奨したヴィブロスが優勝。「何といっても超強運を誇る大魔神(佐々木主浩オーナー)の馬やろ。大舞台でなんかやってくれそう」の期待通り、日本馬として連覇を果たしました。

 

 昇格GI「大阪杯」は「菊花賞、天皇賞・春、そしてジャパンCと、2400~3200メートルの長めの距離でGⅠを勝っとる馬やけどな。フットワークを見ても本質的には2000~2400メートルくらいがベストやと思っとる。いろんな意味で完成されとる」と中心視したキタサンブラックが完勝しました。

 

 皐月賞は「予想以上に前が楽になった時に粘り込みもあるかもしれん」としたアルアインが優勝。「走りっぷりや血統から2000メートルにも問題なく対応できると思うわ。崩れは考えにくい」と軸にしたペルシアンナイトが2着に入りました。

 

 2強対決で注目された「第155回天皇賞・春」は「長丁場の操縦性で軸にふさわしい」と指南したキタサンブラックが連覇を達成。サトノダイヤモンドは「キタサンを相手にした場合、分が悪い」と評価を下げた通り3着に敗れました。2着には「阪神大賞典2着で圏内の1頭」と挙げたシュヴァルグランが入ってズバリ!

 

 超難解だった「第22回NHKマイルC」も「軸」に推したアエロリットが勝ちました。

 

 昨年秋のGIシリーズは「第21回秋華賞」で頭に推奨したヴィブロスが1着。2強対決が注目された「第77回菊花賞」は、ディーマジェスティより高く評価したサトノダイヤモンドがGI初制覇。「第33回マイルチャンピオンシップ」は中心視したミッキーアイルが優勝。

 

 さらに「第36回ジャパンカップ」は軸に指名したキタサンブラックが逃げ切り勝ち。2着は「相手なりに走る」と評価したサウンズオブアース、3着には相手筆頭に挙げたシュヴァルグランが入るパーフェクト指南!

 

 ダート王を決する「第17回チャンピオンズカップ」は「勝ち星には見放されとるけど安定感で外せん」としたサウンドトゥルーが直線一気のV。軸馬に挙げたアウォーディーが2着。

 

 オーラス「第61回有馬記念」も「頭ならサトノダイヤモンド、軸ならキタサンブラック、この2頭に割って入るならゴールドアクター」と推奨した通りの1~3着での決着。きっちりと2016年を締めました。

 

 さすが地方&中央のダブルで1000勝以上という前人未到の記録を残すとともに、中央移籍後の10年間でJRA・GⅠ制覇15レースで計22勝という希代の名手です。

 

 好調を継続中の独自の視点でGⅠレースのポイント、注目馬に迫る「GⅠはアンカツに聞け!!」次回のターゲットは競馬の祭典「第84回日本ダービー」(28日=日曜、東京芝2400メートル)。2004年にキングカメハメハで従来のレースレコードを14年ぶりに2秒も更新して制したアンカツの最終結論は25日(木曜)発行紙面に掲載しますので、ご期待ください(九スポは26日発行紙面)。

 

 競馬業界一?のまめな更新にフォロワーは競馬ジャンルトップの13万超。安藤勝己のツイッター(@andokatsumi)も要チェック!!

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開!“謎の美女”祥子と“謎の聖女”璃子も参戦

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北日本新聞杯(5月21日、金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。