• 文字サイズ

トップ > レース > 競馬 > 【日経新春杯】不利がありながらサトノダイヤモンドとクビ差! ミッキーロケットが“4歳世代第2勢力”に

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【日経新春杯】不利がありながらサトノダイヤモンドとクビ差! ミッキーロケットが“4歳世代第2勢力”に
2017年01月11日 21時31分

強力な明け4歳世代の一角ミッキーロケット

【日経新春杯(日曜=15日、京都芝外2400メートル)栗東発トレセン秘話】昨年12月にJRAから発表されたニュースに思わず手を叩いた。動物愛護の精神から「パッド付きムチの義務化」に拍手したというわけではなく、「パトロールビデオの全レース公開」に歓喜したのだ。

 

 これまでは重賞しか公開されていなかった全周パトロールビデオが、今月14日の競馬から、JRAのホームページで全レース終了の約50分後に見られるようになる。今まで重賞以外のパトロールを見ようとすれば、競馬場に行くか、グリーンチャンネルでチェックするしかなかったのだが、これからはいつでも、どこでも自由に見ることができるわけだ。自分の買っている馬がレース映像では映っていない部分で不利を受けていたというのはよくあるケース。その場面を見られない、もどかしさがずっとあったのだが、これからはそのモヤモヤから解き放たれる。

 

 以前から見られる、見られないの話は別にして、パトロールビデオの重要性はいくらでも具体例を挙げることができる。例えばGII日経新春杯(15日=京都芝外2400メートル)に出走予定のミッキーロケットが、昨秋の神戸新聞杯(2着)でゴチャついた4角の場面も、通常の映像では分かりづらいが、パトロールで見るとその“混雑ぶり”がよく分かる。やはり競馬を細部まで検証しようとするなら、パトロールは欠かせないツールなのである。

 

「あの不利がなければ、サトノダイヤモンドとのクビ差はどうなっていたかと思うよね。次の菊花賞(5着)にしても、ジョッキー(和田)との事前の話では“サトノより前で競馬をする”ことになっていたんだが、実際は後ろからになってしまった。その割にはよく頑張っていたと思うよ」と音無調教師。

 

 この一戦は「今後GIII、GIIを狙っていくか、GIを目指すのかを決める重要なレースになる」とトレーナーは位置付けているが、どう転ぶかは「サトノダイヤモンドとの接戦が評価されるのだろうが、ウチのはオープンを勝ったことがないわけだから…。そのあたりを総合的にハンデキャッパーがどう判断するか。他との(ハンデの)兼ね合いになるだろう」とハンデ発表前に口にしていた。果たして55キロのハンデはどう映ったか?

 

 不利がありながらサトノダイヤモンドと接戦を演じた神戸新聞杯、位置取りが予想外の後ろになっても掲示板は外さなかった菊花賞。昨秋のミッキーロケットの走りは、強い現4歳世代の“第2勢力”としては十分な内容。記者はハンデ55キロなら何も問題なしとみて、迷いなく重い印をつけるつもりだ。

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【とこなめGⅢレディース笹川杯】
1号艇の山川美由紀がイン逃げを決めて2015年6月以来75回目の優勝を飾った。

【立川競輪】GⅢ鳳凰賞典レース
北津留翼がインを突いて優勝。昨年11月防府以来、4回目の記念Vを手にした。

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。