• 文字サイズ

トップ > レース > 地方けいば重賞展望 > 【北日本新聞杯】高性能ヤマミダンス 地元で巻き返す!

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【北日本新聞杯】高性能ヤマミダンス 地元で巻き返す!


金沢最強の座を視界にとらえたヤマミダンス(石川県競馬事業局提供)

【北日本新聞杯(5月21日、金沢競馬場1700メートル)】金沢競馬3歳3冠の第1弾。1番人気は過去10年〈6・0・0・4〉と両極端。勝ち馬の10頭中9頭が3月末の開幕からオール連対で臨んでおり、調子の良さがそのまま結果につながるケースが目立っている。脚質面では流れが落ち着きやすいことから、逃げ〜好位勢が圧倒的に優位と出ている。

 データからは不安材料ありだが、昨年の最優秀2歳馬ヤマミダンスには逆らえそうにない。気性と馬体の両面で未完成な部分があり、遠征では能力を出し切れない時もあるが、地元に限れば古馬A1に匹敵する優秀な時計で土つかずの4連勝。地方交流重賞3勝を含む8戦6勝の実績は一枚上で、プラス体重で臨めれば格の違いを見せられるだろう。
 ナゲッツは展開・距離不問の競馬巧者で、近2戦の連勝が着差以上に強い勝ちっぷりだった。粗削りだった2歳時と違いレースぶりも洗練され、素質開花の印象。こちらも体重が減り続けているため、馬体増が好走の鍵になりそうだ。

 転入後4戦3勝のレソルテも面白い。初戦こそ展開のアヤに泣かされたが、その後は危なげない内容で準重賞も突破。まだ馬体には良化の余地を残しており、奥の深さは相当と見る。

 距離延長で良さが生きそうなのはラブフルーツだ。直線で確実に差し込んでくる息の長い末脚は信頼度大。デキも充実一途で、押さえには欠かせない。気性難が出世を妨げているサッキーヘラクレスも、初ブリンカー着用の前走で一定の効果は見られた。引き続き馬体や稽古の動きに不満はなく、うまく能力を引き出せれば侮れない存在だ。


次週の重賞
21日 金沢・北日本新聞杯
24日 門別・赤レンガ記念
    大井・大井記念
25日 園田・のじぎく賞
27日 佐賀・九千部山賞

※次回掲載は5月27日

◇楽天競馬ホームページ
https://keiba.rakuten.co.jp/

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開!“謎の美女”祥子と“謎の聖女”璃子も参戦

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北日本新聞杯(5月21日、金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。