• 文字サイズ

トップ > レース > ボートレース > 【ボートレースアカデミー】「握る」と「パンチ力」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ボートレースアカデミー】「握る」と「パンチ力」


舟券的中への近道 ボートレースアカデミー

アクセルペダルにあたる「スロットルレバー」

【握る】一般的には「おすし」を連想させる言葉だが、ボート用語で「握る」といえば目的語は100%「スロットルレバー」だ。選手コメント欄にも「握って回ると舟が暴れる」「明日は握って攻めたい」など登場頻度は高い。

 ボートの操縦席の左側に装着されているレバーは自動車でいえばアクセルペダルにあたる。これを握るとボートは加速。レバーを完全に握り込んだ「全速状態」でターンすることを全速ターン、もしくは「握りマイ(回る)」と呼ぶ。逆にレバーを緩めるとエンブレがかかって失速。レバーから手を離すことを「放る」という。

 このように「握る」という表現には「思い切りよくターンする」「豪快に攻めていく」というニュアンスが詰まっている。例えば3号艇の選手が「カドから握っていきます!」とコメントしている場合は「まくり切れそうだな」「むしろ、その外(4号艇)に展開が向くだろう」などと推理することもできるのだ。

 ボートレースにおいてレバー操作はハンドル操作以上に重要。高度な旋回技術を持つトップレーサー池田浩二は「ターンはハンドルじゃなくレバーでする感覚」というほどで、レバーを握ったり緩めたり…という微妙な操作が旋回力を左右する。

 レーシングゲームの急カーブでアクセルを微妙に調節する感覚に近いかもしれない。運転中にアクセルを強く踏むことを「握る」と当てはめると分かりやすいだろうか。

【パンチ力】何げなく使っているボート用語には、あいまいなものもある。カタカナ語が増え続ける今、「パンチ力」なんて言葉もあいまい用語の代表例だ。

 仲口博崇の優勝で幕を閉じた東海地区選手権開催中に愛知支部の強豪に解説を願うと三者三様、微妙に意味合いが違う。

「言われてみれば、はっきりわからないよね…。オレはあまり使わないけど」と前置きした上で仲口はこう説く。

「オレの認識としては伸びよりも瞬発力系の足。パンチ=出足だと思う」

 この見解に異を唱えるのは平本真之だ。

「僕は特徴がない足の時に“パンチがない”って使います。特に伸びがなくて、上とは差がある時。メチャクチャ伸びると気分的にもいいし、パンチがあるほうが成績がいい時も多いですからね」

 パンチ力はないよりもあるに越したことはないと考えていたが「そんなことはないですよ。僕はいりません」と否定的な見方をする選手もいる。柳沢一の理由はこうだ。

「だってどこかに偏った足にするってことは他の足を犠牲にしていることにもなりますからね。僕の目指す調整はどの足もまとまって中堅上位。これが一番好き」

 東海地区選第61代覇者の仲口は出足型、第60代覇者の平本は伸び型、第59代覇者の柳沢はバランス型を理想形としてGⅠ戦線を戦っている。

 3選手の見解はそれぞれ異なり、まさに“あいまい”ではあったが、われわれ記者間での認識はパンチ力=“破壊力”とか“威力”といった意味で捉えているのだが…。

 選手コメントでは「何を、どこの足」を指しているのか、もう少し深く突っ込んで取材する必要がありそうだ。

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開!“謎の美女”祥子と“謎の聖女”璃子も参戦

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北日本新聞杯(5月21日、金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。