• 文字サイズ

トップ > レース > ボートレース > 【秘蔵ショット】産休中の浜田亜理沙「以前よりパワーアップした姿を見せます」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【秘蔵ショット】産休中の浜田亜理沙「以前よりパワーアップした姿を見せます」


女子レーサー 初公開!秘蔵ショット

新しい家族を迎えての幸せな正月風景(左は夫・中田竜太)

【浜田亜理沙(27=埼玉、104期)】昨今の女子ボート界は“出産ラッシュ”に沸いている。今回紹介する浜田亜理沙(27=埼玉)もその一人。現在、産休中の彼女が久々に本紙に登場! その元気な姿とともに、1人増えた最愛の家族を初公開してくれた。

 昨年3月のレースを最後にファンの前から姿を消していたが、実は昨年11月10日、夫・中田竜太(27=埼玉)との間に待望の第1子が誕生! 今回、その近況報告とともに今年の初詣の写真を提供してくれた。

 男性ファンから絶大な人気を誇るクールビューティー。出産した後も美しさは相変わらず。その胸に抱く愛息子・瑛仁(えいと)君、隣に寄り添うイケメンレーサーの夫…絵に描いたような幸せな光景が写っている。

 出産の瞬間を「自分の体から子供が生まれたのは不思議な感覚でしたが、顔を見たときは感動しました」と振り返る彼女。だが、感動はこれで終わらない。

 出産の翌日に福岡一般戦に向かった夫・中田はナントそのシリーズを優勝。「自分にプレッシャーをかけました。こんなことがあるんですね」と目に見えない不思議なパワーを感じていた。

 現在は育児に奮闘中。

「1か月がたつまでは授乳間隔や生活リズムがつかめず寝不足でフラフラ。でも、今は育児を少し楽しめるようになりました」

 気になる復帰戦については「まだ時期を考えてませんが、復帰したら以前よりパワーアップした姿を見せれるよう頑張ります」と青写真を描く。

 出産後に強くなる女子レーサーは多い。男性には耐えられぬ痛みを経験し、生きる上で「覚悟」ができるのだろう。彼女も恐らく、我々の想像を超える強さを見せてくれるに違いない。

☆はまだ・ありさ=1988年3月19日生まれ。広島出身。埼玉支部の104期。2009年5月の宮島でデビュー。12年2月の児島で初優勝。同年7月にGⅠレディースチャンピオン初出場。12年後期に初A1昇格も以後は事故とF禍でB級暮らしが続く。夫は同期の中田竜太。通算3V。身長161センチ。血液型=B。

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開。“見逃してしまった人のために、競馬ラボのユーチューブ公式チャンネルでダイジェストを配信します!

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北海優駿(6月1日、門別競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。