• 文字サイズ

トップ > レース > ボートレース > 【夫婦ボートレーサー泣き笑い】最低体重「1キロ引き上げ」の意味

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【夫婦ボートレーサー泣き笑い】最低体重「1キロ引き上げ」の意味


夫婦ボートレーサー泣き笑い 力良&裕子の交換日記

【黄金井力良の巻】11月1日から選手の体重規定が変わり、男子の最低体重が「50キロ」から「51キロ」に引き上げられました。一般的に体重1キロって大したことないですよね? でも、ボートレースにおける「1キロ」はとても大きいんです。

 そもそもレーサーは減量しているのでギリギリに落とした状態から1キロを減らすのは至難の業。実際、足がつったり、立ちくらみするのはしょっちゅうです(苦笑)。

 だから、ひたすら最低体重を目指して減量している僕のような重い選手にとっては今回の規定変更は“恵みの1キロ”です。

 でも逆に体重が軽くて困っている選手もいます。今まで必死に増やして50キロにしてきた選手はさらに1キロ増やさないといけない。これも減量と同じくらいキツイようです。

 そもそも最低体重を設定する理由は過度な減量を防ぐため。たとえ51キロ未満に落としても、重りが入った荷重ジャケット(通称オレンジベスト)を背負って重量調整するルールがあるんです。

 細かく言うと「五捨六入」で50・6キロあれば最低体重の51キロとみなされますが、それ未満の場合はジャケットを着て無理やり51キロにするのです。

 重いジャケットを着ると肩に負担がかかるため、軽量の選手はなるべく着ないように体重を増やします。実際、計量の前に飲みたくない水をガブ飲みしている選手もいます。

 必死に体重を落として喉がカラカラになってる自分からしたら、うらやましいですけどね~(苦笑)。体重測定は毎朝レース場で行われます。

 通勤着を着て靴を脱いで体重計に乗るのですが体重を増やしている選手はこの時が一番重い状態。レースまでには少し軽くなっている場合もあるようです。

 しかしそれではお客さんには分かりづらいし、体重表示も参考にならない。だからそれを防止するために優勝戦などでは直前に体重測定する場合があります(※各レース場の競技委員長裁量)。逆にギリギリまで落としている選手は測定した朝からどれだけ増やさずにレースに行けるかが勝負。これも正直キツイですね。

 レースにはなるべく軽い状態で出たいので、2回走りの日は前半戦でヘルメットや乗艇着が濡れていたら、後半レースまでに急いで乾燥させます。一滴でも拭き取って軽くした方が有利ですから。

 レースで1キロの違いはハッキリと出ます。女子選手の最低体重「47キロ」は変更ないので、男女混合戦で女子と男子の体重差はさらに大きくなります。少なくとも「4キロ」の差が生じるので、これが勝敗の分かれ目になるかもしれません。

 レースが面白くなる可能性もありますね。例えば女子が4カドに入ったとき、今まではスリットで伸び切らなかったけど4キロの差でカドまくりが決まったり…。舟券を買うときは今まで以上に「男女差」に注目するのも面白いかもしれませんね。

☆こがねい・りきら=1986年3月4日生まれ。埼玉支部の100期。2007年5月の戸田でデビュー。10年4月の江戸川で初優出。優勝は未経験。15年後期は勝率5.38(A2級)。14年の獲得賞金額1660万2000円。身長173センチ。血液型=A。

<次回は妻・中西裕子が執筆=12月3日掲載>

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開!“謎の美女”祥子と“謎の聖女”璃子も参戦

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北日本新聞杯(5月21日、金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。