• 文字サイズ

トップ > レース > ボートレース > 「やまと卒業チャンプ」青木玄太の秘めたる自信

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「やまと卒業チャンプ」青木玄太の秘めたる自信


目指せ!「ヤングダービー」U-30の咆哮

「やまと卒業チャンプ」青木玄太

【青木玄太(28=滋賀・100期)】同期には今年のSG「クラシック」を優勝した桐生順平(埼玉)をはじめ秦英悟(大阪)、和田兼輔(兵庫)、鎌倉涼(大阪)、平高奈菜(香川)と全国区で活躍中の強豪がズラリ。

 その「やまと卒業チャンプ」としてはちょっぴり心穏やかではない状況か? いやいや、青木の目に焦りは感じられないしスポットを浴びる同期たちをうらやむそぶりもない。自分も必ず同じ場所に立てるという自信に満ちあふれている。

 デビュー時は父・青木孝司(2014年引退)も同じ滋賀支部の選手ということもあり2世レーサーとして注目された。「選手になるキッカケはもちろんオヤジの影響だけど、選手になってからはオヤジはオヤジ、自分は自分と思ってきた」とあくまで自分は自分。その思いでレースに臨んできた。

 その青木もすでにヤングダービーに出場できる回数は限られている。「新鋭王座のころとレベルが違う。記念やSGでもバリバリ走ってる選手がいるし、勝つのは簡単ではない。普通のGⅠと何ら変わりはない」と話す。


 デビュー以降、B1からB2、A1に上がったかと思えば次の期にはA2に、と全く安定しなかったが、15年後期はキャリア初となる連続でA1級をキープした。

「エンジンの良しあしもありますけど、自分のいい状態としてはテクニックで勝負できるまでに仕上げるようにしている。直線で下がらなければターンで勝負もできるし、コツは普通に考えながらやること。この前の津(開設63周年記念)も、もらった時は並の気配でしたけど、時間をかけて直していったらだんだんとよくなりました。ただ出力低減型になってから悪いのを引くとホントに走らないですけどね(笑い)」

 ヤングダービーで待つ強力ライバルたちとの壮絶バトルを視野に、自身に課題を与え、着実にステップアップを重ねてきた。もはや自信を持って次の舞台へと上がっていける。

「GⅠタイトルも欲しいし、地元でもタイトルは取りたいし、SGにも出たい」

 父と同じ競技の世界でさらに上を目指す。

☆あおき・げんた=1987年2月22日生まれ。滋賀支部所属の100期。2007年びわこのタイトル戦でデビュー。同年7月浜名湖で初勝利を挙げる。10年びわこ新鋭リーグで初優勝(通算4V)。同期には桐生順平、秦英悟、鎌倉涼、平高奈菜ら。身長155センチ、血液型=A。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開!“謎の美女”祥子と“謎の聖女”璃子も参戦

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北日本新聞杯(5月21日、金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。