• 文字サイズ

トップ > レース > ボートレース > 山川美由紀 忘れられない若松レディースC制覇

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山川美由紀 忘れられない若松レディースC制覇


ボート界のレジェンド 語り継ぎたい思い出の名勝負

2012年のレディースCを制覇した山川美由紀

【山川美由紀(香川・57期)】(2012年、第26回レディースチャンピオン=若松)

 

 当コーナーに初の女子選手が登場。今回は女子の第一人者と言うべき山川美由紀(48=香川)。過去、レディースチャンピオンは史上最多タイとなる3度の優勝を始め、1999年の四国地区選制覇、2013年には女子選手としては史上初の2000勝を達成と、数々の金字塔を打ち立ててきた女傑が語る思い出のレースとは?

 この企画を当人に打診した時、てっきり99年の四国地区選を挙げるものとばかり思っていた。6コースからの差し切りで優勝した一戦。当時女子選手としては、42年ぶりとなる男女混合GI制覇であった。「もちろんうれしかったですよ。でも無我夢中で取ったようなもので、一番のレースではないですね」と意外な答えが…。

 そこで、挙げてもらったのが、12年の若松で行われた「第26回レディースチャンピオン」だ。この大会から、施行時期が夏場へ変更。同年3月に多摩川で行われた25回大会では、メーカー機と相棒を組みながらも、3日目の落水が響き予選落ちの憂き目に遭った。5か月後に行われたこの大会はその雪辱を果たす意味合いもあった。複勝率40%あるエンジンを引き、初日のドリーム戦を前にした本体整備が大当たり。足は日増しに上昇し節一に仕上げた。結局6戦4勝で予選をトップ通過して準優勝戦へ。しかし、“好事魔多し”。2号艇・香川素子の差しを許し、2着に敗れた。「回り足中心に足は良かったですね。それだけに準優で負けた時は、正直かなりヘコみました。でもお風呂から上がった直後には、(気持ちが)切り替えられたし、夜もぐっすり眠れました」と当時を振り返る。

 そして迎えた優勝戦。5号艇日高逸子の動きが注目されたが、枠なりの3対3のスタイル。4コースカドからコンマ09の快ショットを放つと、内側の艇を絞り切ってまくりを敢行。バックで抜け出すと、あとは後続を引き離す一方で、堂々の優勝を決めた。

「リラックスできていました。もし1号艇だったら、緊張していたでしょうね。それに女子王座は当時、1年置きに1号艇が勝ったり負けたりを繰り返していて、あの時は負ける番だったから(笑い)」と本人が話す通り、第16回大会からイン逃げと、それ以外の決着がきれいに1年置きに交互にやってきており、プラス思考に考えたことも良かった。

「取るつもりでシリーズに臨んだけど、45歳で本当に取れるか半信半疑でした。だから余計にうれしかったし、一番思い出に残るレースですね」

 そんな山川は今年からマスターズ世代。心境の変化もあったという。「三国(昨年のレディースチャンピオン)のけがで、クイーンズクライマックスが絶望になって、考え方が変わったんです。それまでは賞金とか(フライング)休みばかり考えていて、小さくなっていたんですよ。でもそれは気にせずに、目の前のレースをしっかり走ろうと思ったら、結果もついてきました。今後も、その気持ちで頑張ります!」

 ベテランの域に入っても、まったく衰えを見せないレースぶり。まだまだ進化は続いている。

☆やまかわ・みゆき=1966年10月24日生まれ。香川支部の57期生。85年11月の鳴門でデビュー。翌月の丸亀で初勝利。翌86年12月の丸亀で初優出、89年7月の三国女子リーグ戦で初優勝した。99年鳴門地区選でGI初制覇。また96年戸田、2001年多摩川、12年若松と、過去にレディースチャンピオンを3回制している。通算73V(GIは3V)。身長154センチ。血液型=A。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開!“謎の美女”祥子と“謎の聖女”璃子も参戦

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北日本新聞杯(5月21日、金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。