• 文字サイズ

トップ > レース > ボートレース > 記念参戦で覚醒したスロースターター大池

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記念参戦で覚醒したスロースターター大池


目指せ!「ヤングダービー」U-30の咆哮

大池はピットでは物静かで目立たないタイプ

【大池佑来(28、東京・101期)】「焦ってもしょうがないし、ムキになってもいいことはない。実は地元だとそういうときもあるんですけどね(笑い)。考え抜いて計画を立ててから行動することを心がけているんです」

 ピットでは物静かで目立たないタイプ。水面でもどちらかといえば旋回力にかける堅実派。スタート一発勝負の派手なレースとは無縁だ。

「デビューしたころは結構張り込んでたんですよ。でもフライングが増えて考え方を変えた。もっとレースを覚えよう、ターンで勝負しようって。それで数字も上がってきた。結果が出たので方向が間違ってなかったと思えるようになりました」

 A2→A1昇格までに3年をかけた。一足飛びに高みを目指すより、足元を固めながら階段を一歩ずつ上がる手堅いキャリアプランでここまでやってきた。現在A1連続キープ中。今年から記念にもスポット参戦している。

「走ってみて実感しましたよ、高いレベルで走らないとうまくならないんだなって。もちろんやることは一緒なんですが、自分で意識的に高めていかなきゃならない」

 先月の戸田GI関東地区選では予選突破。レベルが上がることで欲も出てきたのだろう。今年は具体的な目標を掲げている。

「勝率7点、そして優勝5回。この2つです。そこまでいくとダービー勝率やクラシックも見えてきますからね」

 SGの舞台に立つだけでなく、そこで戦えるようになるため。一番の近道は高いレベルで走り続けることだと理解している。むろんヤングダービーもそのひとつだ。

「(記念を)走れれば走れるだけいろんなことを吸収できる。そういうレースに出続けるためにも一般戦は取って当たり前くらいじゃないと。ボロを引いても直せる整備力も必要になります」

 進化の速度は遅くとも決して止まることはない。じっくりと力を蓄えてきた大池が前を行く同世代のライバルたちに追い付く――。

 その日は意外に近いかもしれない。

☆おおいけ・ゆうき=1986年12月23日生まれ、東京支部所属。2007年11月に多摩川でデビュー。10年の江戸川でキャリア初Vを飾る。GⅠは11年の江戸川・関東地区選で初出場。翌年1月の芦屋・新鋭王座で優出3着。101期の同期には篠崎仁志、片岡雅裕、守屋美穂、後藤翔之らがいる。20日から平和島の一般戦に出走。血液型=A。

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開。“見逃してしまった人のために、競馬ラボのユーチューブ公式チャンネルでダイジェストを配信します!

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北日本新聞杯(5月21日、金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。