• 文字サイズ

トップ > レース > ボートレース > 「毛根尽きるまで!」ボンバー山崎

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「毛根尽きるまで!」ボンバー山崎


【ボートレース注目の新鮮力】山崎昴介(27、長崎・95期)

 このボンバーヘッドを見よ。一度目にしたら忘れられない。ボート界に新たな個性派レーサーが誕生だ。
 しかしなぜ、このヘアスタイルなのか。

「ずっと坊主か短い髪形ばっかりだったんで。その反動ではないけど、去年の10月くらいから『ハゲる前に一度やってみよう』とチャレンジしたんです。ヘルメットをかぶるのは前に比べたらきついけど、なんとか入りますよ(笑い)。まあ、毛根が尽きるまでこれを続けるつもりです」と大笑い。

 気になるのは周りの反応だ。ことにこの世界は上下関係が厳しく、目立つ存在がどうなのか…。

「先輩から声をかけてもらえるようなった。(僕の姿を)見かけた人から突っ込まれたりね。ただ、男受けはいいけど、女受け、これが悪くて…」

 見栄えはともかく、それはレースでは関係ない。こんな山崎だが、昨年12月、鳴門で2コース差しからデビュー初Vを飾った。今年はさらなる飛躍が見込まれる。

「前よりは自信がつきましたね。ただ、優勝した次の徳山で4点、芦屋でも3点ペースで帰った。気が緩んだわけではないけど、レースに波があるんです。這うとズタボロになる」
 そう謙遜してみせるが、着実に力をつけているのは確か。B級暮らしが染みついている状況を何とか打破したい。今期は、期末で初のA級に向けて気合が入る。前節の丸亀でも予選突破とリズムは悪くない。「最後に唐津が残ってるけど、何とかA級の勝負駆けをモノにしたい」と力強く語った。

ボンバーパワーを炸裂させて新たなステージに上り詰めたい。

☆やまさき・こうすけ=1984年6月2日生まれの27歳。長崎県在住。2004年11月大村一般戦でデビュー。昨年、12月に鳴門一般戦でうれしい初優勝を飾った。同期(95期)には、山田哲也、牧原崇、藤崎小百合、金子拓矢、河村了、岡村仁、青木幸太郎、峰竜太、山田佑樹、海野康志郎ら。血液型=B。4月24日から唐津一般戦に出場予定。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】“世界のキタノ”決死の走りで地元記念を盛り上げる
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【高松宮記念杯競輪】新田祐大が連覇達成!
新田祐大が連覇で4回目のGI優勝を飾った。

【とこなめGⅡモーターボート大賞】山田康二がGII初制覇!
山田康二が得意のとこなめでイン逃げを決めて優勝を飾った。


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。