• 文字サイズ

トップ > レース > ボートレース > 名人戦の超惑星はチルト3度の男

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名人戦の超惑星はチルト3度の男
2012年04月23日 18時00分

【名人戦競走】24日、ボートレース下関で開幕する「名人戦」に今年も8人もの〝ルーキー〟が新規参入する。前回大会でも北川幸典(準優勝)と中村裕将が優出したように、今回もいきなりV候補の一角となるような実力派も存在。この年代にもひたひたと世代交代の波が押し寄せてきたようだ。

 とはいえシリーズの中心勢力は今村豊、西島義則、大嶋一也の〝3強〟で間違いない。今大会の最大の焦点は昨年覇者・今村の連覇なるか、という点だろう。
 名人戦史上いまだ連覇を果たした者はなくV2も引退した高山秀則氏のみ、という険しい頂…。もっとも〝ミスターボートレース〟ならそんな偉業も軽々とやってのけておかしくないが…。

 だがちょっと待った。ちまたでは「今村断然!」「1強」といった見方が大勢を占めるようだが果たして本当にそうなのか? 確かに実力&実績ナンバーワン。しかもその地元での開催となればそう思いたくもなるが、そこまでの差があるのか? 底力は認めてもそれほどの大差はないのでは、というのが本紙の見解だ。

 もちろん今村が〝最有力〟であるのはみじんも否定しないが、まだ「舳先リード」程度とみたい。

 大嶋&西島いずれにもチャンスありだ。さらに昨年、準Vの北川や新人でも岡本慎治、山室展弘、倉谷和信は優出クラス。特に岡本は今村にも負けず劣らずの下関巧者だけに、目が離せない。ほかに西田靖や瀬尾達也といった決定力を秘める面々まで出番はあるはずだ。

 また、V争いとまではいかずとも〝超惑星〟的な存在として注目したいのが田上晋六だ。昨年は準優ラウンドで敗退もチルトを跳ね上げての強伸び仕様で旋風を巻き起こしたのは記憶に新しい。先の「新ペラ制度導入」第1弾の浜名湖戦を大外からチルト3で優勝した勢いは侮れない。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【とこなめボート】プレミアムGⅠヤングダービー
1号艇の松田大志郎(福岡)が優勝!

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【共同通信社杯競輪】竹内雄作がビッグレース初制覇
決勝は竹内雄作(28)が逃げ切りで優勝した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

豊かな感性・ガッツのある方を歓迎します。

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はとこなめボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。