• 文字サイズ

トップ > レース > ボートレース > 艇界一礼儀正しい男の「古くさい手法」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

艇界一礼儀正しい男の「古くさい手法」


【白鳥幹太:ギャンブル裏街道】 1月末に行われた宮島「新鋭王座決定戦」の初日に永田秀二(25=東京)がいかに師匠に心酔しているか、との内容の原稿を書いた。
 師匠とは艇界一礼儀正しい男、斉藤仁(33=福岡)だ。これだけ通信機器が発達した中にあっても師匠のプロペラアドバイスはメールや携帯電話ではなく、すべてファクス。東京と福岡。遠距離指導だからこそこんな古くさい手書きの手段を重宝しているという。
 新鋭王座から1か月半が経過した先週のこと。再び斉藤が蒲郡に参戦していたのでファクスの件を記事にさせてもらったとあいさつに行ったら、なぜか顔をしかめたのは意外だった。
「あんまりそういうことは書かないでください」
 ヤバイ話でもなければ気取った美談でもない。人格者である斉藤にややキツイ言葉を投げかけられたので記者は戸惑うしかなかったが…。我々の会話を聞きな がら隣でニヤニヤ笑っている男がいた。昨年のMVP中島孝平だ。整備室に微妙な空気が流れる中、斉藤が重い口を開いた。「コーヘイが(東スポの)その記事 を読んだらしいんですよ。それからずっと何かあるたびにファクス、ファクスなんて冷やかされてばかり。ホント恥ずかしいですよ…」
 そういう横でまた中島が含み笑いを浮かべている。斉藤からしてみれば“時代遅れ”とからかわれるのがお気に召さなかったのだろう。
 調べてみれば1期違いのこの2人は2月の平和島GⅠから4節連続で同じあっせん。記者の書いた記事が原因で後輩から“いじめ”に遭い続けたとしたら申し訳ない。
 こんなやりとりがあった後、斉藤が別れ際にこうつぶやいた。「でも、東スポはウソは書かないですもんね?」 数秒の間を置いてからポツリとうなずいておいた。

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】“世界のキタノ”決死の走りで地元記念を盛り上げる
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【高松宮記念杯競輪】新田祐大が連覇達成!
新田祐大が連覇で4回目のGI優勝を飾った。

【とこなめGⅡモーターボート大賞】山田康二がGII初制覇!
山田康二が得意のとこなめでイン逃げを決めて優勝を飾った。


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。