• 文字サイズ

トップ > レース > ボートレース > 今村とワシでは心の中が違うんよ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今村とワシでは心の中が違うんよ


【白鳥幹太:ギャンブル裏街道】公式プロフィルでは60キロ。艇界屈指の重量級巧腕レーサー・亀本勇樹(49=広島)に重量級の極意を取材している最中にこんな切り返しを食らったことがある。
「もしもの話じゃけ、ワシと今村豊が同じ50キロで走ったとしてもワシは絶対に勝てんのじゃ。何でかわかる? 単純に腕の問題やないで」
 話術にたけた選手を取材する時は下手に知ったかぶりをするとロクなことはない。聞き上手に徹するに限る。しばしの沈黙を嫌ってこう切り出した。「体重計 の上では同じ50キロでもボートに乗った時点で自分に負けてる。心の中が違うんよ。向こうは3食きっちり取っての50キロ。こっちは飲まず食わずでフラフ ラになりながらの50キロ。思考回路もまともに働かんし精神的ダメージが大きすぎる。走る前からそれでは結果が見えてるわな」
 カメさんも重量級個性派としてGⅠタイトルも手にしている。SG常連の一人でもあったが、03年の戸田「総理杯」を最後に大舞台から遠ざかっている。 「重いから勝てんなんて思うとる今の若手に一番言いたいんは減量、減量やなく、他にやることがあるやろ、と。もっと腕を磨くことに精を出せ。ワシかて8点 勝率を残したことがあるんよ。この体重で8点残したんは他にクロさんと大森さんぐらいやないかなあ」
 今から22期前=11年前には8・05の自己最高勝率をマークしている。引退した黒明良光氏、大森健二氏らとともに“重量級超一流”の仲間入りを果たした証しでもある。
「そんなこと言うても今の若手はワシの全盛期なんか知らんし、それも当然やな。今さらSGカッパを着るのも恥ずかしいし、そんなつもりもない。ワシは大体 コースを取りにいくけど若手はみんなモニターで見てるよ、俺の走りを。インから落として回ってバンカーにはめられてばかりいたらナメられるだけ。だからこ そコースも取るし、Sも行く。握って回る。この世界は一度、ナメられたら終わり。みな、とことん容赦せんからな」
 舟券を買うファンが選手それぞれにイメージを持っているのと同様、選手の間でも「アノ人は…」なんてイメージを持って戦いに挑んでいる。勝負の世界では当然。ナメられてたまるか、の思いが様々なものに向けた原動力となっている。

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ニコ生】アンカツと大島麻衣が桜花賞で激論!
「東スポ@競馬ラボ アンカツ春の予想祭り」を4月8日(土)に配信!

【ウィナーズカップ】“湘南の若大将”郡司浩平がGII初優勝
郡司浩平が第1回覇者に名を刻み、年末の地元平塚グランプリ出場へ前進した。

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は児島SG「ボートレースクラシック」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。