• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 競馬 > 桜の女王ジェンティル「オークスの勝算」は?

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

桜の女王ジェンティル「オークスの勝算」は?


 8日、阪神競馬場で行われた桜花賞(芝外1600メートル)は、ジェンティルドンナ(石坂)が快勝。昨年のマルセリーナに続いて、ディープインパクト産駒が桜の女王に輝いた。

「松岡(サウンドオブハート)とピンナ(アイムユアーズ)を見ながら、最高の形で運べた」

 岩田が振り返ったように、絶好のスタートから道中は人気馬を〝射程〟に捕らえながら折り合いに専念する。直線入り口で鞍上に促されると、ジェンティルドンナは道中ため込んだエネルギーを一気に放出。内で抵抗するヴィルシーナ、アイムユアーズを競り落とした。

 この日の完璧なレースぶりを見れば、ケチのつけようがない。「ゲートはスッと出るし、折り合いもついて、しまいもしっかり伸びる。まさにテン良し、中良し、しまい良し」。石坂調教師が最大級の賛辞でたたえるのも当然と言える。

 しかし、ここまでの道程は決して平坦ではなかった。2走前のシンザン記念では歴代の桜花賞馬ダイワスカーレットやマルセリーナが成し遂げられなかった牡馬相手の重賞勝利を決めた。その時点でクラシック候補へ躍り出たものの、スタートから向正面まで首を激しく上げて、行きたがるそぶりも見せていた。全姉ドナウブルーの出世を妨げた折り合い難が、GⅠ級の能力と隣り合わせだったのも紛れもない事実だった。

 ところが…。この日は過去の姿とまるで違った。姉の経験を糧にした陣営の手腕はもちろんだが、非凡な学習能力の高さが短期間での弱点克服を可能にした。「精神的に大人になった」と石坂調教師。自分との闘いを制したたくましさが、頂点に駆け上がる最後のひと押しにつながった。

「今回の競馬ができれば、オークスで距離が延びても対応できる」と石坂調教師が言えば、「まだまだこんなもんじゃない。今日は能力で勝ってくれたようなもの」と岩田は今後のさらなる成長を期待する。

 2冠目のオークス(5月20日=東京芝2400メートル)まで40日余。短期間で難癖を克服した桜の女王が、完全無欠のヒロインへ——。真の3歳女王を決める戦いが今から楽しみでならない。

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【BAOO高崎】ミス東スポが予想会イベント
ミス東スポ2017の日里麻美、矢野冬子とお笑い芸人キャプテン渡辺が出演!

【GⅠオールスター競輪】“世界のカズナリ”歓喜のGⅠ制覇
地元の渡辺一成が新田祐大とワンツー決めてGⅠ・2回目の優勝をつかんだ!!

アスリート 美ューティー TALK
強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!


おすすめコンテンツ
サマーチャンピオン(16日・佐賀競馬場)、ブリーダーズゴールドカップ(17日、門別競馬場)

ピーターは真のヒーローになれるのか?(全国ロードショー)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート・プレミアムGIレディースチャンピオン

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!