• 文字サイズ

トップ > レース > 競馬 > 天才少女ジョワドの復活あるか

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天才少女ジョワドの復活あるか


 桜花賞(8日)、1番人気のジョワドヴィーヴルがまさかの6着敗退。小柄な馬体を鍛えに鍛え、過去最低体重の416キロにまで絞り込んで挑んだ。


「もう減るところがないくらいギリギリ。全部、筋肉だもんな」

 レース前の松田博調教師は究極の仕上げを強調した。ただし、極限まで絞り込まれた分、〝予備の酸素ボンベ〟を喪失。外枠もあって終始、外々を回るロスも生じた。その結果、最後はスタミナ切れ。フラフラになりながら何とか6着でゴールへとたどり着いた。

「結果を出したかったが、道中のポジションが悪くなった。それでもと思ったが、最後は苦しくなって外に逃げていた。きつい競馬をさせてしまったのかと思う。申し訳ない」とレース後の福永は肩を落とした。


 単オッズ2・3倍。チューリップ賞に続く1番人気での連敗で、評価は地に落ちた天才少女。しかし、次に向けての課題ははっきりと見えた。


「カイバは食べるようになっている。このまま厩舎に置いて、体をふっくらするように持っていくしかない」(松田博調教師)


 オークスでは初の長距離輸送など、条件は決して楽ではない。しかし、そこはブエナビスタなど数々の名牝を仕上げたエキスパート。「最高の素材」を再び輝かせる策を陣営はしっかり練っているはずだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【日本選手権競輪】5月2日京王閣競輪場で開幕! new
注目選手のインタビュー、“闘将”佐々木昭彦の推奨レース予想を動画で配信!

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
豪華プレゼント満載!(クリックすると詳細表示)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース津・プレミアムGI「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。