• 文字サイズ

トップ > レース > 競馬 > ブリランテ矢作師「世界で勝負」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブリランテ矢作師「世界で勝負」
2012年07月19日 12時00分

<英GⅠ挑戦!ダービー馬ブリランテの矢作師の勝算(1)>

 日本の競馬は夏のローカル開催真っ盛りだが、英国では21日、〝欧州版・宝塚記念〟GⅠキングジョージⅥ世&クイーンエリザベスS(アスコット競馬場・芝約2400メートル=日本時間22日午前0時35分発走予定)が行われる。今年は日本からダービー馬ディープブリランテ(牡3・矢作)が岩田騎乗で挑戦、内外で大きな話題となっている。これまで日本調教馬は結果を出していないが凱旋門賞(2着2回)、ドバイワールドカップ(ヴィクトワールピサ優勝)などの国際レース好走例から若きエースが激走しても不思議はない。管理する矢作芳人調教師(51)に勝算を聞いた。

 ――参戦を決めた理由を

 矢作芳人調教師:オーナーサイドの強い要望があったことが一番だが、かなりの斤量差(3歳馬と古馬で5・4キロ)があり、さすがダービーを取る馬は違うという驚異的な回復力を見せたのも大きい。あれだけ目一杯に仕上げたからかなりの反動をイメージしていたんだけど、その心配がなくなり今回の遠征を決めた。

 ――秋の凱旋門賞という選択肢はあった?

 矢作:個人的にイギリス競馬が好きということもあるが、凱旋門賞だと秋の大きなレースを棒に振ることになる。このレースなら神戸新聞杯は無理でも、それ以降のレースは問題なく出走できる。秋は日本で競馬をしたいと考えているのでね。

 ――先生は海外遠征に積極的な印象です

 矢作:個人的には海外に出て行くことは厩舎にとって何のメリットもない。それでもあえて行くというところだよ。

 ――賞金や名誉以外に行くべき理由があると

 矢作:日本競馬の地位向上のため、牡馬なら種牡馬としての価値を上げるという意味もある。でも、それ以上に競馬全体の将来を考えた場合、海外遠征は必要だと思う。どんなスポーツでも世界で勝負しなければ評価されない時代だ。

 ――グランプリボスが出走した昨年のセントジェームズパレスSには、あのフランケル(注1)が出走。遠征によって同馬の存在を知ることになったファンも多い

 矢作:ロイヤルアスコットとかキングジョージがどんなにすごい競馬をしているかということだ。そこを分かってもらえるとうれしいし、競馬場の雰囲気の素晴らしさも伝わってほしい。グランプリボスに関しては3歳で海外に行って、その後思ったような成果が出ていないかもしれないが、早い時期に海外を経験することはその後の競馬にいい影響を及ぼすという考えを変えてはいない。

 ――昨年に続いての遠征で厩舎的にプラスの部分は?

 矢作:今年もムディッシュという馬にパートナー役をしてもらっているが昨年は2頭での行動が多かった。今年はブリテン厩舎のセカンドグループと一緒に行ったり、いろいろと刺激を与えているつもり。

 ――昨年があればこそですね

 矢作:それは間違いない。何かしらの不安があったら俺もイギリスに行っている。昨年の財産があるから安心してスタッフに任せておけるんだ。馬に関しての心配は本当に何もない。

 注1=フランケルは、英国産馬でガリレオ産駒の牡4歳。2010年8月のデビューから11戦全勝で、GⅠ7勝。ほとんどのレースはワンサイド(2着馬に4馬身差以上をつけた優勝8回)で、主戦場の芝7、8ハロン部門では歴代最強クラスの評価を受けている。

※続く

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【浜名湖ボート】中京スポーツもみじ杯は重野哲之が優勝
ミス東スポ2016・藤井奈々が水着姿で重野哲之を直撃!

【競輪祭】平原康多が3回目の競輪祭制覇!
優勝した平原を「神スイング」でおなじみの稲村亜美が祝福した!

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

ミス東スポ2016グランプリの桜井奈津が悩殺“挟み打ち”秘技で熱闘 !

初代王者はドルさん!

モーニング娘。'16のメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

次回はSG「グランプリ」、GI「クイーンズC」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。