• 文字サイズ

トップ > レース > 競馬 > 【気象馬券】「寒冬」明けは関東馬?

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【気象馬券】「寒冬」明けは関東馬?


競馬のクラシックロードが第72回桜花賞(8日=阪神芝外1600メートル)でいよいよ開幕する。各馬がステップレースを戦ったここ数か月、特徴的だったのは不順な天候。昨年暮れから今年2月にかけ、豪雪ニュースが頻繁に報道されたのは記憶に新しい。その印象通り、平成に入って平均気温が最も低く、冷え込みの厳しい冬だった。これがサラブレッドに与える影響は? グレード制が導入された84年以降、寒冬明けとなった桜花賞全7レースを徹底検証した。

 寒冬は関東に通ず? ヘタなダジャレになったが、データを集積すると目につくのは、寒い冬を乗り越えた年の関東馬の強さである。
 グレード制導入後の28回の桜花賞で関東馬はわずかに5勝。数々のGⅠで最も関西有利の舞台であることを数字は物語る。それがどうだ。寒冬明けの桜花賞7回のうち実に3回を美浦所属馬が勝っているのだ。
(85年・エルプス、86年・メジロラモーヌ、06年・キストゥヘヴン)
 山沿いにあり降雪確率の高い栗東のほうが、より寒冬の影響を強く受けるため? 実際に因果関係を読み解くのは難しいが、今年も桜花賞トライアルは関東馬が全勝。データ通りの戦況となっているのは興味深い。
 寒冬明けの桜花賞で目立つポイントがもうひとつ。人気薄の“亜流”組の活躍だ。
 96年ファイトガリバー(10番人気)はアネモネS3着で優先出走権(2着以内)を逃し、抽選をパスしての出走。06年キストゥヘヴン(6番人気)はGⅢフラワーCの勝利で賞金を加算、昨年のマルセリーナ(2番人気)はオープン・エルフィンSからの直行だった。
 今年は紅梅S以来、3か月ぶりの出走となるサウンドオブハートが異色の存在。阪神JF3着の実績がありながら人気面に跳ね返っていない。寒さに強い関東馬でもあり“気象派”はぜひマークしたい。
 
 ※寒冬(かんとう)とは過去30年間の平年値に比べて気温の低い冬のこと。平年値は10年ごとに更新され、現状の最新値は1981〜2010年のもの。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠ浜名湖賞】柳沢一が4度目のGⅠ制覇!
柳沢一が2コースからまくりを決めて優勝!

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

【サマーナイトフェスティバル】新田祐大が渡辺一成とワンツー決めて“夜王”戴冠
新田祐大が豪快なまくりで制覇。高松宮記念杯に続くビッグレース連続優勝を決めた。


おすすめコンテンツ
金沢スプリントカップ(7月25日=金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

キアヌ演じる伝説の殺し屋が“1分1殺”以上の勢いで大暴れ

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート・プレミアムGIレディースチャンピオンシップ

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。