• 文字サイズ

トップ > プロレス > 女子プロレス > 11・3引退の豊田真奈美が語る「あの髪切りマッチ」と「必殺技継承者」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11・3引退の豊田真奈美が語る「あの髪切りマッチ」と「必殺技継承者」


豊田(左)は元井キャスターに引退の真相を告白(新横浜のイタリア料理店「Trattoria Regalo」で)

【東京プロレス娘のスイーツトーク・GW拡大版】本紙好評連載「東京プロレス娘のスイーツトーク」GW拡大版は、コラムを担当するキャスター、元井美貴(37)が気になる選手を直撃! そのお相手は11月3日で現役引退することを表明した“飛翔天女”こと豊田真奈美(46)だ。引退を決めた経緯から、トレードマークである黒髪の秘密、そして伝説の髪切りマッチまで――女子ならではの視点で1990年代を代表する元祖アイドル選手を“丸裸”にした。

 元井:本日はお会いできて光栄です。さっそくツイッターをフォローさせていただきました。

 豊田:私は(米大統領のドナルド)トランプさんをフォローして仲良くなろうかな(笑い)。

 元井:やりとりを見たいです! さっそくですが、3月17日に現役引退を発表されました。決断に至った経緯は。

 豊田:2月25日に首に激痛が走って、朝起きたら救急車を呼ぼうかと思ったくらい。病院とか嫌いで放っておいたからツケがきたんです。それで引退しなきゃダメだって。「頸椎損傷」で、レントゲンを見たら素人目でもヤバイ頸椎でした。

 元井:前から引退は意識されていたのですか。

 豊田:いつまで続けるんだろうという気持ちはあった。このスタイルでは50、60歳までできないし、これ以上できなかったら豊田真奈美じゃなくなる。昔(全日本女子プロレス)は25歳定年制があり、あそこで辞めておけば、語り継いでもらえるレスラーになれたのかなと思いながらも、当時は大量離脱(97年)とかあったので…。

 元井:痛みは和らいでいますか。

 豊田:今は。お酒が大好きだから毎日飲むけど、激痛で飲まなかった日が2日もある。昨年「今年初めての休肝日」ってフェイスブックに載せたんですけど「もう11月ですよ」って言われた。それが今年は2月で2回! 私が飲めないってよっぽどなんですよ。

 元井:それにしても豊田選手を慕う選手は多いですね。WWEで活躍するAJスタイルズ選手(39)も豊田さんをリスペクトしていると聞いたことがあります。

 豊田:CHIKARAという米国の団体で会った時に「ファンだ」って言われたことがあります。ありがたいですね。

 元井:技の継承についてはどう考えていますか? ジャパニーズオーシャンサイクロンスープレックスは、藤本つかさ選手(アイスリボン)に継承されました。

 豊田:目標にしてくれるので何か残したいなって。クインビーボムは伝授してないので、伝えたいなって選手が現れたらですね。誰にも伝えないかもしれないけど。

 元井:個人的にはローリングクレイドルが大好きでお美しいなって。女王様がクモの巣をはり巡らせ、獲物をサッ!という感じで。

 豊田:へえ、そういう例えがあるんだ。

 元井:AKB48出演のドラマ「豆腐プロレス」(テレビ朝日系)でもジャパニーズオーシャンサイクロンスープレックスが使われたって話題になりました。

 豊田:伝承してないので「断り」を欲しいですね(笑い)。私の技なのに勝手に使って…。

 元井:引退後はどうされるのですか。

 豊田:まずこの先の日常生活を楽しく送れるために、治してから考えようと。16歳でこの世界に入り、同級生が楽しそうにやってた時につらかったから、遅すぎる青春を取り戻したいなって。

 元井:現在の女子プロ界はビジュアル系選手の人気が高いですが、豊田選手も男性ファンの人気が抜群ですね。

 豊田:一般の女性の中ではキレイなほうじゃないし、申し訳ないです。よっぽど当時、キレイな人がいなかったのかな(笑い)。ただキレイなふりをしていたんです。私の中の女子レスラー像は女性らしく。だから髪の毛も伸ばしていた。

 元井:黒髪を美しく保つ秘訣は。

 豊田:トリートメントは常にしてるし、年に2回はストレートパーマをかけてます。この年で白髪もないですから親に感謝です。美容院では5万円くらいかかりますね。

 元井:髪の話が出たので…1992年8月15日の山田敏代さんとの敗者髪切りマッチ(後楽園ホール)は、切なくて美しかった。ストイックに戦いを見せる姿に青春をかける気持ちが伝わり、私も涙が出てしまって…。

 豊田:勝ったはいいけど申し訳なくて。私が頭を丸めていたらファンがいなくなっていました。

 元井:これから女子レスラーを目指す人にメッセージを。

 豊田:能力がある人が目指してほしい。じゃないと、いい試合ができない。一般の男性に「俺のほうが強そうじゃん」と思われるようじゃダメ。

 元井:現役選手には。

 豊田:私は(ケガを)放っておいてこんなことになっているから、日頃のケアをしてほしいですね。体を大事にしてください!

☆とよた・まなみ=1971年3月2日、島根・益田市出身。87年8月5日の全日本女子プロレス後楽園大会(対中村幸子)でデビュー。WWWA世界シングル王座、同タッグ王座を戴冠するなど人気選手として活躍。2002年からフリーになり各団体で活動している。167センチ、77キロ。

☆もとい・みき=1980年3月29日、東京都出身。青山学院大在学中に気象予報士の資格を取得し、大学生時にお天気キャスターとしてデビュー。プロレスマスクをこよなく愛し、プロレス専門番組「サムライTV」のキャスターとしても活躍中。東京スポーツ新聞社制定プロレス大賞選考委員も務める。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開!“謎の美女”祥子と“謎の聖女”璃子も参戦

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北日本新聞杯(5月21日、金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。