• 文字サイズ

トップ > プロレス > 女子プロレス > 【スターダム】イオが木村花に過酷指令「カイリのベルト取ってこい」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【スターダム】イオが木村花に過酷指令「カイリのベルト取ってこい」


イオ(左)は花を後継者として認めるも、なめきった態度には激怒した

 女子プロレス「スターダム」のワールド・オブ・スターダム王者、紫雷イオ(26)が20日、新世代のホープ・木村花(19)に過酷な指令を下した。スターダム版春の祭典「シンデレラ・トーナメント」(30日、後楽園ホール)1回戦で激突することが決まり、それまでに主要王座の一つであるワンダー・オブ・スターダム王座奪取を厳命したのだ。果たしてイオの狙いとは――。

 

 今年で3回目の開催となるワンデートーナメントには16選手が参加。1回戦8試合の中でも最大の注目カードが、イオVS花だ。イオは東京スポーツ新聞社制定プロレス大賞の女子プロレス大賞を2年連続受賞中で、女子プロ界のトップに立つ。

 

 一方、引退した木村響子(40)の娘である花はデビュー1年1か月の新人ながら、卓越したプロレスセンスを備え、ビジュアル的にも将来性を高く評価されている逸材だ。イオも「面白い獲物。腹が立つ小娘だけど、スターダムに上がるだけの価値がある選手」と、業界をけん引する“後継者”になり得る存在と認めている。

 

 だからこそ、あえて対決までに厳しいハードルを課した。22日の山口・光大会で、花は宝城カイリ(28)が持つワンダー王座への挑戦が決まっている。そこで「いつもならどっちが勝つとか興味ないけど、今回だけはあの小娘を応援する。ベルトを取ってこい!」とエールを送ったのだ。

 

 もちろん、したたかな計算があっての援護射撃だ。「木村花はウチ以外の女子団体だけじゃなく、男子団体にも出てる。つまりスターダムファン以外にも響く存在。赤いベルトの紫雷イオと白いベルトの小娘が1回戦で激突すれば、その波及効果は計り知れない」

 

 イオなりに業界全体を考えた上での言葉だったが、これが響かなかったのか、花は最近の若者らしく「昨春デビューしたばかりなんで、このトーナメント、よく分からないけど~(優勝者に贈与される)ドレスはしっかり着こなして、皆さんにお見せしま~す」と挑発的な態度。

 

 さすがのイオも激怒して「そのそそり立った鼻をブチ折ってやる!」と殺気すら漂わせ、初制覇に向けて気持ちを引き締めていた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【瑞峰立山賞争奪戦】富山競輪場で24日開幕! new
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【高松宮記念杯競輪】新田祐大が連覇達成!
新田祐大が連覇で4回目のGI優勝を飾った。

【とこなめGⅡモーターボート大賞】山田康二がGII初制覇!
山田康二が得意のとこなめでイン逃げを決めて優勝を飾った。


おすすめコンテンツ
石川ダービー(6月20日=金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。