• 文字サイズ

トップ > プロレス > 女子プロレス > 復活した長与 新団体「MARVELOUS」設立

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

復活した長与 新団体「MARVELOUS」設立
2014年03月22日 22時59分

ダンプ松本(下)にサソリ固めを決める長与千種

 元クラッシュギャルズの長与千種が22日、自身のプロデュース興行を東京・大田区総合体育館で開催し、一夜限りの復活を果たした。

 

 約5年ぶりに復活した長与は花月と彩羽匠を従え、1980年代の全女マットで一大抗争を展開した極悪同盟のダンプ松本率いるKAORU、世Ⅳ虎組と第1試合で対戦。ノールールのため、極悪同盟のセコンド陣もやりたい放題。長与はダンプとブル中野に額をフォークでメッタ刺しにされて流血した上、チェーンと竹刀によるチョーク攻撃にさらされた。

 

 だが、観客の大「千種」コールは裏切れない。この日、3年ぶりに復帰したKAORUの一斗缶攻撃がダンプに誤爆した隙を突き、長与は蛍光灯の束で殴りつけて往年の宿敵から3カウントを奪った。ダンプからは「地方のクソババアどもに見せてやれ。全国回るぞ」と現役続行を強要された。ただ、長与は「もう無理なんです」と否定した上で「プロレスの団体をつくります。残された人生が20年、30年か分かりません。全てを注ぎ込みたい。大好きなプロレスのために少し頑張ろうと思います」と新団体設立を表明した。団体名は「MARVELOUS(マーベラス)」で半年から1年後の旗揚げを目指す。

 

 また歌手の華原朋美も“参戦”し、リングで2曲を熱唱。ビッグマッチに花を添えた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
東京スポーツ新聞社制定「2014年度プロレス大賞」
最優秀選手賞(MVP)は棚橋弘至(38=新日本プロレス)が3年ぶり3度目の受賞を果たした。

【12・30岸和田】KEIRINグランプリ2014
「KEIRINグランプリ2014」に出場する地元・大阪の稲川翔を、岸和田出身でNHK連続テレビ小説「カーネーション」に出演した女優でプロレスラーの川崎亜沙美が激励。

麻美ゆま 連載「HAPPY&SMILE」
セクシー女優・麻美ゆまがAVのこと、病気のことなど、赤裸々に半生を語り尽くす。(全20回)


おすすめコンテンツ
大魔神・佐々木×アンカツ×麒麟・川島に本紙舘林&安田美沙子も参戦

女子プロレス界最大のカリスマが波乱に満ちた生い立ちから、日本中を熱狂の渦に巻き込んだクラッシュギャルズの真相などを赤裸々に語る。(全15回)

週末のレースに向けて「UMAJIN.net」編集部で行われている、デスクとスタッフ・伊藤のナイショ話

自らの秘められた過去を暴露した理由を、遠野自身が解き明かす

“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊が女子アナの“とくダネ”大放出!

今回は、本紙で報じた「“人魚”捕獲は日本海大地震兆候か」

今回は「SGグランプリ、GⅠクイーンズクライマックス」

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2015」の称号を目指してグラビアアイドルが奮闘中のサバイバルオーデ­ィションのニコニコ生放送公開イベントが11月29日、東京「サブカルカフェ&バー ニュータイプ新宿」で開催された。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。