• 文字サイズ

トップ > プロレス > 女子プロレス > 愛星 巨乳攻められ悔しいデビュー戦黒星

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛星 巨乳攻められ悔しいデビュー戦黒星
2014年01月13日 16時00分

宝城(左)に巨乳を攻められる愛星

 <スターダム12日・新木場大会>スターダムで“ゆずポン2世”の期待が集まる元グラドル・愛星ゆうな(まなせ・ゆうな=26)が12日、東京・新木場大会でデビュー。宝城カイリ相手に健闘したが、大きな96センチFカップ乳がアダとなり涙の黒星デビューとなった。

 

 幼少時から新体操の選手として活躍した愛星は170センチの長身、柔軟な肉体を武器に先輩・宝城に向かっていく。宝城にサーフボードストレッチに捕らえられるも、大開脚してペタンとマットに腹を着けるや、そのままスルリと脱出する秘技を見せる。その後、えげつない角度の逆エビ固めで新木場付近一帯に響き渡るほどの悲鳴を上げさせられたが、高々と足を上げてのビッグブーツ、長い脚を利用したカカト落とし、変型の首折り落とし、黒目式の腕固めを見舞うなど健闘する。

 

 だが宝城が先輩の意地で愛星の豊満な胸元にWチョップを連打すると途端に失速。もともと100センチGカップを誇った巨乳も、プロレス入門後の厳しい練習を経て徐々にサイズダウン。ミミズ腫れで赤く内出血する胸のふくらみに動揺する愛星のスキを突く格好で、宝城がスピアーからのダイビングエルボーでトドメを刺した。

 

「何もできなかった。悔しいです。そしてプロレスは痛かった」と涙を流した愛星だったが、早くも男性ファンの人気は急上昇。本部席で見届けたスターダムのロッシー小川代表と風香GMは、愛星を昨春引退した愛川ゆず季の後継者と目し、早くもソロバンをはじいていた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【スーパージョッキーズトライアル】一枚の切符をめぐる華麗な技の競演スタート
本戦への出場をかけた「ワイルドカード」は20日に佐賀競馬場で実施

【前橋GIオールスター競輪】武田が5回目のGI優勝
15日、前橋競輪場で「第57回オールスター競輪(GI)」決勝が行われ、武田豊樹(40)が3番手まくりを決めて優勝。2012年12月競輪祭以来、5回目のGI優勝を手にした。

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊がマイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの嘔吐事件、不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動など“とくダネ”大放出!


おすすめコンテンツ
9・27阪神競馬場で「大スポ馬コン」を開催

自らの秘められた過去を暴露した理由を、遠野自身が解き明かす

様々なテーマとスタイルで小蜜があなたを骨抜きにします!

今回は、本紙で報じた「“人魚”捕獲は日本海大地震兆候か」。

清水ゆう子、中村葵、青木ゆみかが登場

次回は戸田ヤングダービー(9月23日開幕)

新着フォト
東スポ動画
昨年2月、卵巣に境界悪性腫瘍が見つかり卵巣と子宮を全摘出。AVを含む一切の活動を一時休止し、その後は抗がん剤治療も受けた麻美ゆまが、東京スポーツ新聞社を訪れ、すっかり元気になった姿を披露した。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。