• 文字サイズ

トップ > プロレス > 女子プロレス > 尾崎非情 弟子・永島を丸坊主刑

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

尾崎非情 弟子・永島を丸坊主刑
2013年09月16日 15時30分

尾崎魔弓に髪を切られ坊主になった永島千佳世

 OZアカデミー15日の神奈川・横浜文化体育館大会で行われた「敗者髪切りマッチ」は、ボスの尾崎魔弓(44)が弟子の永島千佳世(36)を撃退。丸坊主刑に処した。

 

 約2年ぶりの横浜文体進出となる今年最大のビッグマッチで行われた師弟対決。尾崎はいつも通りにSMマネジャー・西尾美香とポリスを帯同。尾崎がチェーン、西尾がムチ、ポリスがイスという1対3の公開処刑が延々と続く。

 

 ハサミで額を切られた永島は大流血しながらも反撃。アイスリボンの志田光が救出に駆けつけるハプニングの後、ポリスを場外鉄柵に手錠監禁して逆転勝利を狙うが、師匠の尾崎はしっかり流れを読んでいた。

 

 北斗ボム連打に耐えた後、毒霧を噴射して閃光魔術弾を発射。最後は一瞬のスキをついてアッという間に丸め込んで勝利を奪った。試合前の公約通りに勝者・尾崎には大会運営資金の500万円がキャッシュで贈呈された。

 

 無慈悲な尾崎軍はリング上で公開坊主となった永島を控室まで追いかけて襲撃。「これで尾崎との関係もスッキリした。これから『永島のOZアカデミー』に変えて行きます…」と気丈に語った永島に、またまた3人でリンチを加えると「500万円も集められない小娘が何ほざいてんのよ、フン」と、チーママに厳しい大ママの如く、札束を手に鼻で軽くあしらっていた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

上原浩治「中継ぎピッチャーズバイブル」
「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

麻美ゆま 連載「HAPPY&SMILE」
セクシー女優・麻美ゆまがAVのこと、病気のことなど、赤裸々に半生を語り尽くす。(全20回)


おすすめコンテンツ
現役フリーアナが、運命の人を探し出す!タイムリミットは4月25日

優勝者に賞金100万円プレゼント

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

週末のレースに向けて行われている、デスクとスタッフのナイショ話

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は「マスターズチャンピオン」

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2015」グランプリは璃乃、星優姫、城田あや
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。