• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 【WWE】中邑まさか…勝利目前でハシゴから転落

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【WWE】中邑まさか…勝利目前でハシゴから転落


中邑(右)は惜しくも勝利を逃した (C)2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.

【米国ミズーリ州セントルイス18日(日本時間19日)】WWEスマックダウンのPPV大会「マネー・イン・ザ・バンク(MITB)」で“アーティスト”中邑真輔(37)がメーンイベントのラダーマッチに出場したが、惜しくも勝利を逃した。

 MITBは天井からつるされた「いつでもどこでも王座に挑戦できる権利証」が入ったブリーフケースを争奪するラダーマッチ。中邑、AJスタイルズ(40)、バロン・コービン(32)、ケビン・オーエンズ(33)、サミ・ゼイン(32)、ドルフ・ジグラー(36)の6WAY戦だ。ところが中邑は入場時にいきなりコービンに背後から襲われいきなりKOされてしまい、1人だけ不在の状態のまま試合開始のゴングが鳴った。

 実に約20分も試合から離脱してしまった中邑だったが、コービンがラダーに登ろうとしたところで復活する。コービンを必殺のキンシャサ・ニー・ストライク(ボマイェ)で場外へ追いやると、ジグラー、ゼイン、オーエンズにも次々とキンシャサ弾を見舞う“無双状態”に。いざブリーフケースを狙った中邑に立ちはだかったのは、新日時代からのライバル・AJだ。中邑はリバースパワースラムからキンシャサを狙ったが、AJもカウンターのフライング・フォアアームを発射し両雄譲らない。

 ラダー(ハシゴ)上でも一歩も引かないエルボー合戦を繰り広げた中邑とAJだったが、なんとここで回復したコービンが登場…。AJとともに最上部にいた中邑は、ラダーごとなぎ倒され、そのまま落下してしまう。文字通り「漁夫の利」の展開でコービンがブリーフケースを獲得した。

「Mr.MITB」の座を逃した中邑だったが、この日も別格の存在感を示しキング・オブ・ストロングスタイルの実力を改めて証明。勝者・コービン、AJと生まれた因縁の今後にも注目が集まりそうだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】“世界のキタノ”決死の走りで地元記念を盛り上げる
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【とこなめGⅡモーターボート大賞】山田康二がGII初制覇!
山田康二が得意のとこなめでイン逃げを決めて優勝を飾った。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。