• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 【WWE】“インドの怪人”マハル 1日でスマックダウン2強倒す

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【WWE】“インドの怪人”マハル 1日でスマックダウン2強倒す


【ニューハンプシャー州マンチェスター16日(日本時間17日)発】WWEのスマックダウン(SD)大会が行われ、“インドの怪人”ジンダー・マハル(30)が王座奪取へ大暴れを見せた。

 

 4月にSDへ移籍したばかりのマハルは、謎のインド人兄弟、シン・ブラザーズ(サミル&スニル)を手下にして破竹の快進撃を続けている。4・18大会では5WAY次期挑戦者決定戦を制しており、21日のPPV大会「バックラッシュ」(イリノイ州シカゴ)でWWE世界王者のランディ・オートン(37)に挑戦する。

 

 この日、マハルはバロン・コービン(32)を一蹴したオートンを試合後に襲撃。シン兄弟に羽交い締めさせてから殴る蹴るの暴行を加え、必殺のザ・クハラス(コブラクラッチ式スラム)で王者を大の字にさせてしまった。

 

 勢いは止まらない。AJスタイルズ(39)との一騎打ちに臨んだマハルは、またまた兄弟を介入させてペースを握る。ここでさらに波乱が。AJがスワンダイブ式フェノメナール弾を狙うや、解説席のUS王者ケビン・オーエンズ(33)がベルトで背後から殴打したのだ。PPV大会ではAJとの防衛戦が決まっているものの、本当に姑息な王者だ…。

 

 直後にマハルがザ・クハラスを決めて3カウントを奪取。援軍があったとはいえ、1日でSD2強を倒したのだから実力は本物だ。かねて「ベルトをインドに持って帰り、タージ・マハルにささげたい」と公言していたマハル。その夢は一気に現実味を帯びてきた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】“世界のキタノ”決死の走りで地元記念を盛り上げる
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【高松宮記念杯競輪】新田祐大が連覇達成!
新田祐大が連覇で4回目のGI優勝を飾った。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。