• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > メンタル最強の棚橋をへこます“NGワード”

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メンタル最強の棚橋をへこます“NGワード”


出版イベントを行った棚橋

 新日本プロレスの棚橋弘至(40)が21日、東京・中央区の八重洲ブックセンターで行われた自著「史上最強のメンタル・タフネス」(PHP研究所、税別1400円)の出版記念イベントに出席した。

「生まれてから疲れたことがない男」として知られる棚橋が、ストレス社会に悩む人々に独自のメンタル強化術を披露したもの。「万人に読んでほしい。メンタルが強い人はもっと強くなるし、優柔不断な方も決断までの最短距離が書いてある。第5章には『毎日プロテインを飲め』と書いてあるので体を大きくしたい人にも」とアピールした。

 またメンタルの強さに定評があることについては「試合内容、発言に対しても賛否両論を巻き起こして本物だと思う。ボクは誉められることが大好きだけど、悪いところを指摘されるのもうれしいので無敵」と言ってのけ、胸を張った。

 そんな男でも、時には心にグサリと刺さる言葉がある。唯一腰にあるのはNEVER無差別級6人タッグベルトだけで、IWGPヘビー王座からは2年以上も遠ざかっている。そんな状況で「ボクはメディア(出演)やサイン会などのイベントに積極的に出るので、ファンの方は忙しいと思っている。すべてプロレスのためにやっているのに『プロレスも頑張ってください』と言われると…」と口にし、周囲を笑わせた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
オグリキャップ記念(4月27日・笠松競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース津・プレミアムGI「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。