• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 【リアルジャパン】船木戦実現へカシンわがまま要求

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルジャパン】船木戦実現へカシンわがまま要求


熱唱する平井代表(左)とうんざりした表情の船木

 リアルジャパンは20日、右脚蜂窩織炎(ほうかしきえん)と感染症のため療養中の元横綱曙(47)が、27日の後楽園ホール大会を欠場することを発表。代役として“悪魔仮面”ケンドー・カシン(48)の参戦が決まった。石川雄規(50)と組んで船木誠勝(48)、関本大介(36)組と対戦する。

 

 会見には船木が出席。直前でのカード変更について「(カシンとは)初対決になるんですが、面白いカードだと思います。試合運びがすごくうまいと思う」と目を輝かせた。さらには「彼が新日本に入ってきた時、自分はUWFに行っていたり、ずっとすれ違いが続いてきた。2人とも50歳手前でもうひと踏ん張りできる年齢で、やっと(対戦する)時が来た」と力を込めた。

 

 なおカシンは会見に姿を見せなかったが、いつも通りに出場条件として平井丈雅代表に「(德永英明の)『壊れかけのRadio』をフルコーラスで歌え。そして船木誠勝氏が感動したら出場する」と要求。平井代表がこれに応じると心やさしい船木は「声が大きくてある意味感動した」と語り、出場が決定した。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
オグリキャップ記念(4月27日・笠松競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース津・プレミアムGI「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。