• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 【新日NJC】優勝候補筆頭ケニーまさかの初戦敗退

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新日NJC】優勝候補筆頭ケニーまさかの初戦敗退


ケニーは石井(右)の首折り弾を食らって吹っ飛んだ

 12日の新日本プロレス兵庫・尼崎大会で行われたトーナメント「NEW JAPAN CUP」1回戦でケニー・オメガ(33)が石井智宏(41)に敗れ、まさかの敗退を喫した。1月4日東京ドーム大会でIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(29)と大激闘を繰り広げ、優勝候補筆頭とも目された最強外国人が早々に脱落。春のトーナメントは、今年も嵐の幕開けとなった。

 

 またしても壮絶な激闘の末に散った。一進一退の攻防が続いた25分過ぎ、ケニーはクロイツ・ラス、Vトリガー、リバースフランケンと得意技を連発して勝負に出る。しかし片翼の天使をスタナーで切り返されると、ヘッドバット、首折り弾と猛反撃を受けた。最後は垂直落下式ブレーンバスターで“逆転負け”を喫してしまった。

 

 年間最大興行の1・4東京ドームでオカダと46分超の死闘を展開。敗れはしたものの、改めて昨夏のG1覇者の実力を知らしめた。最強外国人は今トーナメントではもちろん、優勝候補筆頭と見られていた。

 

 まさかの初戦敗退の裏には、2月27日後楽園大会の8人タッグ戦で右肩を負傷した影響がある。病院での診察を拒み、その次の大会からTシャツ姿で試合をこなして、テーピングをカムフラージュ。この日の試合ではそれを外して臨んだが、近い関係者には「力がいつも通り入らない」と明かしている。

 

 世界最大団体WWEのオファーを断り続けてまで欲するIWGPヘビー級のベルト。ケニーは王座獲得までの“デッドライン”を、新日プロが7月1、2日に行う米ロサンゼルスでのビッグマッチと設定し、IWGP王者として米国に乗り込むプランを温めていた。「そのために一番早い方法がNJC制覇だった…。でも、まだ間に合うかもしれない。そのためにまた頑張るし、次のターゲットを探す」と再起を誓ったが、あまりに痛い敗戦となった。

 

 前日の棚橋弘至(40)に続き、ケニーまでもが早々に姿を消したことでNJCは今年も群雄割拠の様相。今後もさらなる春の嵐が吹き荒れそうだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】“世界のキタノ”決死の走りで地元記念を盛り上げる
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【高松宮記念杯競輪】新田祐大が連覇達成!
新田祐大が連覇で4回目のGI優勝を飾った。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。