• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 【ノア】丸藤が明かす武藤と“天才タッグ結成”の真意

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ノア】丸藤が明かす武藤と“天才タッグ結成”の真意


2月14日、ノアの後楽園大会に登場した武藤(左)は、丸藤のタッグ結成要請を快諾した

 ノアの丸藤正道(37)が4日、W―1の武藤敬司(54)との合体に動いた真意を語った。丸藤からのラブコールに武藤が応え、世代の異なる2人の天才による初のタッグが実現。12日の横浜文化体育館大会に出撃するが、これまで接点のなかった武藤になぜ“ノアの天才”はラブコールを送ったのか。そこには、団体とともに生まれ変わろうとする思惑があった。

 

「“ずっと交わることはないだろう”と思っていたこともある。プロレス界にいても全くからまない人はいるわけだし」。初結成が決まった武藤との“天才タッグ”について丸藤は感慨深そうに口にした。

 

 誰もが驚くタッグ結成が発表されたのは2月14日。後楽園大会での試合後、丸藤のラブコールに武藤が応える形で実現した。しかし、なぜ武藤だったのか。その理由について「とにかく武藤さんから何かを吸収したい。その気持ちが強い」と説明した。

 

 ノアは今、激動の時を迎えている。新体制となり若手の台頭も著しい中、丸藤も「ノアだけじゃなく、オレも“新生”にならないといけない」と実感しているという。「試合内容を突然変えるとか、そういうのは難しい」との思いも抱えながら、生まれ変わりへの道を模索しているわけだ。

 

 そんな状況に武藤の存在はまさに適任だ。これまでリング上での接点がなかったことに加え「あの体の大きさで、あの動きで、マスクもあって。隣に立つことで何かつかめる可能性が高いと思った」と、丸藤に新たな“刺激”をもたらすことは確実な存在。丸藤自身も武藤とのタッグが自らにどんな化学反応をもたらすか予想もつかないという。

 

 タッグ結成が決定した2月14日に丸藤は「武藤さんには申し訳ないですけど、下心ありです」と話した。その具体的な内容について「それは言えないよ。それは当日を見てもらわないと」と不敵な笑みを浮かべるばかり。丸藤の視線が“3・12の先”にも向かっている可能性は高そうだが、果たしていったいどんな動きを見せるのか注目だ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開!“謎の美女”祥子と“謎の聖女”璃子も参戦

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北日本新聞杯(5月21日、金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。