• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > DDT「世界初の電車プロレス」が実現したワケ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DDT「世界初の電車プロレス」が実現したワケ


線路に立つ(左)からHARASHIMA、竹本社長、高木社長、レッカ

 銚子電鉄(銚電)とDDTプロレスは27日、千葉・銚子の仲ノ町駅で会見を行い「銚子電鉄×DDT 電車プロレス」の開催を発表した。試合は4月16日13時37分に仲ノ町駅を出発し外川駅で折り返した後、14時15分に仲ノ町駅に戻る電車内で行われる。

 銚電の竹本勝紀社長は「世界初の電車プロレスが当社の電車で行われることになり、ワクワクしています。この話をいただいて0・5秒で即決させていただきました」と大興奮。DDTの高木三四郎社長(47)も「これまで様々な場所で路上プロレスをしてきて、何とか電車でもやりたいと思いアプローチしました」と笑顔。試合形式は「エニウェアフォール時間差入場バトルロイヤル」で行われ「床で3カウント、ギブアップ、KO、そして線路に降りたら負け。線路で写真を撮るなんてもってのほか」(高木社長)とのことだ。

 銚電といえば、数々の個性的な企画で話題を振りまいてきた。昨年7月には車内の広告スペースなどに、本紙が報じてきたUFOの紙面を張り巡らせ、さらに車両の先頭にUFOのヘッドマークを付けた「UFO列車」を走らせ業界に衝撃を与えた。そんな挑戦的な姿勢に高木社長が「チャレンジ精神はうちの会社にも通じる」と共鳴し、今回のコラボを申し入れたという。

 さらには「東日本大震災で被災してから観光客が減ってしまったそうなので、そういう部分でも我々にできることがあれば、と思っています。レスラーの強さや根性で銚子の人たちの力になれれば。今後も協力して盛り上げていきたい」。その一環として「銚電固め」や銚子名物にちなみ「ぬれせんべい攻め」など新技を開発するつもりだ。単発ではなく、今後も年1回程度のペースで開催し銚子を盛り上げる。UFOで町おこしに取り組み“日本のロズウェル”と言われる銚子が、DDTの新たなホームタウンとなる日も近い?

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
オグリキャップ記念(4月27日・笠松競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース津・プレミアムGI「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。