• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 元ノアの泉田純さんが51歳で死去 死因は心筋梗塞

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元ノアの泉田純さんが51歳で死去 死因は心筋梗塞


ノア時代の泉田さん(右)と秋山

 全日本プロレス、プロレスリング・ノアで活躍したプロレスラーの泉田純さん(リングネーム・泉田純太朗)が亡くなっていたことが7日、分かった。死因は心筋梗塞(こうそく)で、51歳だった。

 

 関係者によると、泉田さんは1月31日に神奈川・相模原市内の自宅で遺体で発見された。警察による検視の結果、死因は心筋梗塞で、死去したのは1月25日前後と推定されている。すでに遺体は荼毘(だび)に付され、親族のみの密葬が営まれた。

 

 この日、全日本プロレス、ノアで共に汗を流し、後輩だった全日本プロレスの秋山準社長(47)は本紙の取材に「まさかと思った。調子が良くないのは知っていたけど…。いろいろあったけど、俺の中ではお世話になった先輩だからね」と声を落とした。

 

 さらに「『最後に(古巣の)リングに上がりたい』と言っていた。本来なら元気な姿で上がってほしかったけど、最後くらいはリングに上がってもらいたい」と話し、12日の千葉大会で追悼の10カウントゴングを鳴らす方針を固めた。

 

 泉田さんは大相撲の東関部屋に入門すると、1986年春場所で初土俵を踏み、幕下まで進んだ。91年の引退後は全日本プロレスに入門し、92年5月25日の仙台大会でプロレスデビュー。コミカルな動きで会場を沸かせ、2000年には故三沢光晴さん(享年46)らとノアの旗揚げに参加した。09年暮れの退団後は、フリーとして活動していた。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ニコ生】アンカツと大島麻衣が桜花賞で激論!
「東スポ@競馬ラボ アンカツ春の予想祭り」を4月8日(土)に配信!

【ウィナーズカップ】“湘南の若大将”郡司浩平がGII初優勝
郡司浩平が第1回覇者に名を刻み、年末の地元平塚グランプリ出場へ前進した。

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は児島SG「ボートレースクラシック」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。