• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 初の殊勲賞・宮原が激白「全日本の昔話とサヨナラだ」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初の殊勲賞・宮原が激白「全日本の昔話とサヨナラだ」
2017年01月12日 16時30分

27歳の若き王者が胸中を激白した

【プロレス大賞受賞者の特別連載「若き疾走」(3)】

 

 東京スポーツ新聞社制定「2016年度プロレス大賞」授賞式は19日に都内のホテルで行われる。受賞者が17年の展望を語る特別連載「若き疾走」第3回は全日本プロレスの3冠ヘビー級王者・宮原健斗(27)の登場だ。昨年2月に同王座史上最年少戴冠(26歳11か月)を果たし、老舗団体をけん引したことが評価されて初の殊勲賞を受賞。若き王者は、胸に描いている「新しい全日プロの光景」について激白した。

 

 ――飛躍の一年だった

 

 宮原:ベルトが人を大きくすることってあるの?って思ってたけど、あるんですね。プロレスラーなんだ、人に見られているって自覚がすごい勢いでついた。入場から退場までエネルギーを発散して、お客さんに伝えたいと意識したし。WWF(現WWE)時代のハルク・ホーガンの王者像は頭に描いていましたね。入場の華やかさは勉強になる。

 

 ――理想に近づいたか

 

 宮原:まだ28点。伸びしろが楽しみ。今年は50点までいくか、一気に100点までいっちゃうのか。今年は昨年の延長線上だけど、同じではファンは満足しない。満足度をレベルアップしないと。例えば発言だったり、動きだったり変化がないとね。だから変化を恐れない年にしたい。

 

 ――求める変化とは

 

 宮原:全日本プロレスというブランドをもっと格好よくしたい。昨年は伝統というものを、ちょっとした変化にして新しいものを見せる作業をやってきた。まだまだその作業は必要。伝統って、今の全日本を見ている人には分からない。内側の人間たちだけが分かっている伝統は意味がない。

 

 ――会場に増えてきた若いファン層は昔の全日本を知らない

 

 宮原:プロモーションに行くと昔話が常に出る。3冠といえば「ジャンボ鶴田」という名前が最初に出る。試合実況でも「昔はこうだった」と言われるのに飽き飽きしてる。そういう反骨心がボクのモチベーションになってる。何とかしてやろうって。だって今の全日本は面白いじゃないですか。だから2017年は「全日本プロレスの昔話とサヨナラ」ですね。

 

 ――15日の博多スターレーン大会では大森隆男(47)を相手に7度目の防衛戦が控える

 

 宮原:最多防衛記録(川田利明のV10)を目指すためにも負けられない。防衛しないと発言も伴ってこないし。博多を爆発的に盛り上げたいですね。

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ボートレースとこなめ】GIIIレディース笹川杯
注目選手のインタビュー、記者の推奨レース予想を動画で配信!

【立川競輪】GⅢ鳳凰賞典レース
北津留翼がインを突いて優勝。昨年11月防府以来、4回目の記念Vを手にした。

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。