• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 史上初!「ロイヤルランブル形式電流爆破マッチ」船木、大仁田、長与ら参戦

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

史上初!「ロイヤルランブル形式電流爆破マッチ」船木、大仁田、長与ら参戦


大仁田(右)と長与

 超花火プロレスが史上初となる「ロイヤルランブル形式電流爆破マッチ」を開催することが10日、分かった。

 

 舞台は超花火22日のエディオンアリーナ大阪第2競技場大会で、超花火実行委員会のメンバーが「今後のタイトル戦を考えて、誰が挑戦者にふさわしいかを見極めるため、あえてロイヤルランブル形式にしました」と明かしたもの。

 

 ランブル戦は最初に入場した2選手が戦い、一定の時間ごとに次々と選手が加わる。最後に残った選手が勝者となるが、危険極まりない電流爆破マッチで行われた前例はない。出場人数は爆破マッチ経験者を中心に5~6選手となる見込みで、急ピッチで選考が進んでいる。

 

 現在、シングルの爆破王座は船木誠勝(47)が保持しており、大阪大会から1週間後の「ちかっぱ超花火」(29日、博多スターレーン)では田中将斗(43)との初防衛戦が決まっている。また爆破王タッグ王座は大仁田厚(59)、長与千種(52)組が保持しているものの、一昨年12月15日のV2戦(名古屋)を最後に1年以上も防衛戦が行われていない。

 

 今回の一戦は、船木vs田中の勝者への挑戦者と、タッグ王座次期挑戦者をにらんだ戦いになるわけだ。この日、長与は「面白い試合形式ですね。私は枠にとらわれない戦いが好きで、それがプロレスだと思ってる。だから男子の選手の中に入るのは何も問題ないし、ふさわしいタッグの挑戦者を見極めたい」と真っ先に出場を直訴。パートナーの大仁田はもちろん、船木の出場も濃厚で、タイトルホルダー3人が揃いそうだ。新春から爆破戦線が一気に活性化してきた。

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】牛山貴広が記念初優勝
牛山貴広が直線差し切って記念初優勝をつかんだ!

【とこなめGⅡモーターボート大賞】山田康二がGII初制覇!
山田康二が得意のとこなめでイン逃げを決めて優勝を飾った。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。