• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 【新日本】ケニー激白!IWGPベルト国際化プラン明かす

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新日本】ケニー激白!IWGPベルト国際化プラン明かす


母国カナダに一時帰国したケニー

 新日本プロレスの来年1月4日東京ドーム大会でIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(29)に挑戦するG1クライマックス覇者ケニー・オメガ(33)が本紙のインタビューに応じ、2017年の青写真を明かした。東京スポーツ新聞社制定「2016年度プロレス大賞」で技能賞を受賞した極悪外国人軍「バレットクラブ(BC)」のボスは、IWGP王座戦の海外開催本格化を画策。その裏には、世界最大団体の米WWEが進める世界戦略への危機感と対抗心がある。

 

 ――17日の後楽園大会で年内日程が終了。オカダとの前哨戦も終わった

 

 ケニー:準備完了だ。ドームには一番いいコンディションで臨めるよ。

 

 ――試合後にオカダを断崖式片翼の天使でKO

 

 ケニー:担架で帰ったが、テーブルクラッシュから生き残ってオカダも目が覚めたはずだ。俺はすでに一番レジェンドな外人になった。あとは新日本と日本のプロレスをもっと広げてみたい。東京ドームで俺が勝つことが俺のためであり、新日本のため。関係者ももっと俺のことを応援したほうがいいよ(笑い)。

 

 ――IWGP奪取後の野望はあるのか

 

 ケニー:もしかしたら日本人のファンをガッカリさせてしまうかもしれないが、日本の大会を少し減らしてでも海外で王座戦を増やしたい。米国、英国、ニュージーランド、アジアの国。どこでもいい。BCが持つベルトは世界でやりたいんだ。もっと広めないといけない。なぜか分かるか?

 

 ――WWEは世界戦略を本格化させ、英国王座設立の流れなどが生まれた。それと関係があるか

 

 ケニー:その通り。世界を舞台に同じことをやっているが、俺たちのほうが上で、俺たちのほうが面白い。だからファンが現地で直接比べられる状況をつくりたい。WWEが英国で試合をするなら、俺も英国で新日本の名のもとIWGPのタイトルマッチをやりたい。

 

 ――日本の団体から見れば選手の“流出”も続いており、危機感もある

 

 ケニー:1回だけでは何も変わらない。でもいろいろな試合をすれば、どんどん大きくなる自分たちの場所に自信が持てる。そのプライドこそが、日本のプロレスを守ることになるんだ。

 

 ――戴冠後の防衛ロードで意識する相手は

 

 ケニー:石井(智宏)かな。アイツとは権利証マッチでやってもよかった。石井はG1でオカダに勝った。もし俺がベルトを取って彼が勝負したいと言えば、いつでも勝負していい。あと、タイガーマスクWはいつも同じ人なのか? 両国(10月)の試合を見たよ。まだ少し新人っぽいが、なかなかいい動きをしていた。次も同じ人だったら、頑張ればいつか挑戦者になれる可能性があるかもね(笑い)。

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【日本選手権競輪】5月2日京王閣競輪場で開幕!
注目選手のインタビュー、“闘将”佐々木昭彦の推奨レース予想を動画で配信!

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
かきつばた記念(5月3日・名古屋競馬場)、兵庫CS(5月4日、園田競馬場)

豪華プレゼント満載!(クリックすると詳細表示)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース津・プレミアムGI「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。