• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 猪木氏が明かした“清原再生”プラン「彼は男気ある人間」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猪木氏が明かした“清原再生”プラン「彼は男気ある人間」


猪木氏の言葉に清原容疑者は何を思う…

 プロレス団体「IGF」総帥のアントニオ猪木氏(73=参議院議員)が25日、覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで再逮捕された清原和博容疑者(48)の更生に手を差し伸べる考えがあることを明かした。この日、東京・新宿のアントニオ猪木酒場で行われた「GENOME35」(26日、東京ドームシティホール)の公開記者会見に登場した猪木氏は、清原容疑者について持論を展開。そのうえで自身が温める驚きの“サポートプラン”についても言及した。

 猪木氏は「GENOME35」に出場する選手たちに囲まれる形で、壇上に登場した。マイクを手にすると「世の中いろいろスキャンダルが多いですけど…。シャブは打つな、と」と口を開き、続けて「オレも元気がなくなってきてまして」とポツリ。さらに「先日テレビで医者から『インフルエンザにかかったら本をたくさん読むように』って言われましてね…。なぜか?『ゴホン、ゴホン』ってね。ダーッハッハッ…」とアントンギャグを炸裂させた。

 猪木氏の言う「スキャンダル」。それは今、世間を騒がせている清原容疑者のことにほかならない。何といっても、猪木氏は2001年11月のPRIDE東京ドーム大会で当時、球界を代表するスラッガーだった清原容疑者をリングに上げ、ビンタで闘魂注入を行った強烈な過去がある。さらにはこれを発端にして、清原容疑者の格闘家転向が何度もささやかれることになるのだが…。結局、清原容疑者は猪木氏を裏切り、闘魂ではなく覚醒剤を注入していた。猪木氏はどう受け止めているのか。

「深い付き合いをしたわけじゃないから分からないけどね。男気がある人間だとは聞いている。“再生”してもらいたいと思ってますよ。彼の行動を肯定しているわけではないが(覚醒剤を)やめられないくらい強烈な重圧があったんでしょう」と強く責めることはなかった。

 むしろ「われわれで更生のサポートができれば、と思う」とまで言う。そこには猪木氏ならではの持論があった。

「罪を肯定するわけじゃない。でも、この国は一度失敗すると、なかなか元に戻れないですからね。経済的にもね。何かあると散るように周りから人がいなくなるものだから。でも、オレは立ち直るチャンスをつくりたい。うち(IGF)にも一度失敗した連中がたくさんいるだろ? フッフッフッ…」

 一度失敗した人間にも更生のための“セカンドチャンス”を与えたい――。

 そんな思いを常に持つ猪木氏だからこそ、一度裏切られた格好の清原容疑者にすら、手を差し伸べる用意があるというわけだ。確かにその猪木氏の思想はIGFのリングで具現化されている。大麻や八百長問題で角界を追放された力士らも迎え入れ、再び活躍の場を与えてきた。

 清原容疑者も同様にIGFのリングで更生させる可能性もあるだろう。猪木氏は「野球界にも手を差し伸べてくれる人はいるでしょうけどね。必要ならば、われわれや周りの人間が更生の手伝いは頼まれればしますよ」と話す。

 最後に「まずは刑務所(?)に行って、ビンタしてやろうか。ダーッハッハ」と、仰天プランも語った猪木氏。薬物事件の初犯は執行猶予がつくことが多い上に、清原容疑者の場合はまだ裁判も始まっていないが…罪を償った後には、燃える闘魂が手を差し伸べる可能性も高そうだ。

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】“世界のキタノ”決死の走りで地元記念を盛り上げる
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【高松宮記念杯競輪】新田祐大が連覇達成!
新田祐大が連覇で4回目のGI優勝を飾った。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。