• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 中邑真輔がWWEと正式契約 4・1NXTデビュー

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中邑真輔がWWEと正式契約 4・1NXTデビュー
2016年02月22日 12時58分

WWEと正式に契約したことを明かした中邑は喜びを爆発させた

 新日本プロレスを1月末で退団した中邑真輔(35)が22日、米国・WWEと契約したことが正式に発表された。

 

 この日都内で行われた会見でWWEアジア・パシフィック地区GMのクリス・マーシュ氏は「契約を発表できて素晴らしい一日だ」として、新たな日本人スーパースターの獲得を発表。中邑は現地時間4月1日のNXT「テイクオーバー」(ダラス)でサミ・ゼインとのデビュー戦が正式決定した。

 

 スーツ姿で登場した中邑は「このたびより戦いの舞台をWWEに置くことにしました。これまで培ったものを世界でパフォーマンスできればと思います」とあいさつ。2月上旬から契約のために渡米し、ビンス・マクマホン会長、トリプルH副社長から歓迎を受けた。トリプルHからは「好きなようにやってくれ」という言葉を受けたという。WWEのリングで戦いたい相手を問われると「一つの理由に、仲間というか、ルームメートだったダニエル・ブライアンを(WWE入りする)目的にしていた部分がある。先日(ブライアンが)引退して、その夢は途絶えたことになるとは思いますが、かかわり合いはこれまで以上になる。戦ったことのない相手もいますし、それが楽しみにはなるかな」と目を輝かせた。

 

 新日プロでは「キング・オブ・ストロングスタイル」の名をほしいままにし、独自のヒザ蹴り「ボマイェ」を駆使してカリスマの座に君臨した。「今まで誰もマネできないものを技に落とし込んできた。大事な技の数々はこれまでも使っていく」と、米国でも日本でのファイトスタイルを貫く意向。リングネームやコスチュームに関しては「希望としては『シンスケ・ナカムラ』を使いたいと伝えています。コスチュームも着たいものを作って(リングに)上がることしか把握していません」と語った。

 

 新たな挑戦に向け中邑は「これまで以上に波及力が増す。環境にフィットして新たに自分を作り上げることになると思うんですが、自信はあります。最終目標は設定していません。目標は日々更新されていく。ロウとかスマックダウンとか、実はよく知らないけど、その時その時で最高のパフォーマンスで世界に発信できればと思います」とキッパリ。日本プロレス界最高のカリスマは、世界のスーパースターに昇華する。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【高松宮記念杯競輪】優勝の新田祐大をミス日本グランプリ松野未佳さんが祝福
新田祐大が圧巻の走りで3回目のGI制覇を果たした。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

厩舎情報徹底取材「ザッツPOG」好評発売中
アンカツ3年連続参戦、2年連続で推奨馬クラシック制覇の虎石「神セレクト」、井崎、マツパク先生と最強布陣でお届けします。


おすすめコンテンツ
モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は蒲郡SG「グランドチャンピオン 」

18〜23歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。