• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 飯伏幸太がDDT&新日プロを退団 今後どのマットに上がるのか

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯伏幸太がDDT&新日プロを退団 今後どのマットに上がるのか
2016年02月22日 10時20分

DDTと新日本プロレス両団体を退団する飯伏

 プロレス界の“ゴールデンスター”飯伏幸太(33)が、所属していたDDTと新日本プロレス両団体を退団することが21日までに本紙の取材で分かった。史上初の2団体所属選手として活躍したが、昨年10月から長期欠場。DDT3・21両国大会で復帰するが、同戦から事実上フリーとして活動を再開する。業界に激動が続く2016年は、飯伏にとっても新たな挑戦の年となる。

 プロレス界の激動が収まらない。複数の関係者の話を総合すると、飯伏は2月末でDDTと新日プロ両団体との所属契約を解除し退団することを決断。3月から事実上のフリー選手として活動していくことが分かった。

 04年にDDTでデビューを果たし、中心選手として活躍。新日プロでもIWGPジュニアヘビー級王座を獲得するなど一気にスターダムを駆け上がった。13年10月からは新日プロとも所属契約を結び、業界初の2団体所属選手となった。近年の「プロレス女子」ブームの中心的存在として高い女性人気も誇った。

 一方で生活は多忙を極め負担も大きかった。昨年10月に頸椎椎間板ヘルニアにより長期欠場に突入。また公にはされていなかったが腰にも異変を感じており、腰椎すべり症の診断も受けていた。これらの負傷は現在までに完治しており、すでに医師からも復帰のゴーサインが出ている。

 しかし、復帰を考えた際に今後も2団体所属選手として活動していくことには、肉体的にも精神的にも限界と判断したようだ。重圧も多く「2団体所属は想像以上に負担が大きかった。単純な2倍ではすまないものがある」と近い関係者に漏らしていた。欠場中ほとんど公の場に姿を現さなかったのも、精神的に疲弊しきっていた側面がある。

 さらに従来のスタイルに関して「やり切った」と思うようにもなった。これまでにない新たなプロレスの可能性を追求したいという思いが強まったことで、両団体を“卒業”。「飯伏プロレス研究所(仮名)」を立ち上げて独自の活動を行っていく方針を固めたようだ。

 すでに両団体とも退団を了承している。DDTはフリー初戦となる復帰戦の舞台に3月21日の両国大会を用意。飯伏はエニウェアフォール3WAYマッチで、伊橋剛太と組んで高木三四郎、葛西純組、KENSO、中澤マイケル組と対戦する。

 もう一方の所属団体である新日プロとしては、1月末に退団し米国・WWE入りが確実視される中邑真輔(35)に続く退団者となる。外国人選手のWWE移籍も相次いでおり、激動はここに極まった感すらある。とはいえ「新日本も飯伏選手の新たな挑戦を見守る立場」と語る関係者もいることから、タイミングを見て参戦オファーがあるとも見られる。

 DDT両国大会以後の活動は全くの未定となっているが、マット界で独特のスター性を持つ飯伏の需要は決して少なくない。国内外から注目が集まりそうな気配だ。

 屈折した性格とは裏腹に、飯伏がかねて口にする「プロレスをもっと広めたい」という思いには純粋なものがある。ゴールデンスターが、理想を追い求めて自由の空を飛び回る時が来た。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
厩舎情報徹底取材「ザッツPOG」好評発売中
アンカツ3年連続参戦、2年連続で推奨馬クラシック制覇の虎石「神セレクト」、井崎、マツパク先生と最強布陣でお届けします。

【6・18AKB48選抜総選挙】SKE48の注目メンバーを直撃
東スポWebが14人の熱い思いを届けます!(20日から毎日更新)

アンカツ・本紙舘林&松浪・安田美沙子らが「ダービー」テーマに大討論会!
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツの本音トークバトルを展開した!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎SG「第43回オールスター 」

18〜23歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。