• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 「巌流島」放送中止のフジ “新PRIDE”に鞍替え?

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「巌流島」放送中止のフジ “新PRIDE”に鞍替え?


巌流島には新日本期待の岡倫之も参戦する。右は対戦相手のアラン・ボドウ

“フジテレビショック”再び――。新格闘技イベント「巌流島」(18日、東京・両国国技館)のCS「フジテレビNEXT」での放送が突然打ち切られたことが17日、発覚した。開催2日前に通告されたという谷川貞治広報部長(53)は激怒。「大みそかに別の格闘技の放送が決まったと聞いた」と爆弾発言するなど大荒れの展開となっている。

「巌流島」は、CS「フジテレビONE」の「新格闘技『巌流島』を盛り上げるTV」でファンからルールなどを公募。その斬新さが話題を呼び、2月に「公開検証」として旗揚げ戦が行われた、いわば“テレビありき”のイベントだ。

 今回も新日本プロレスでデビューを目指す岡倫之(24=ブシロードクラブ)や、田村潔司(45)の復帰戦などが揃い「フジテレビNEXT」での生放送が決定していた。

 だが谷川広報によると16日午後2時ごろ、突然事務局員がフジテレビの担当部長とプロデューサーに呼び出され「18日の大会の放送はできない」と通達された。理由は全く教えられなかったという。

 谷川広報は「例えばコンプライアンス的にひっかかるとか、そういうことは断じてない。CS放送の評判が悪いならば分かるが、そういう説明もない」と戸惑いを隠さず。かつて隆盛を誇った格闘技イベント「PRIDE」も2006年6月に突然、フジテレビから地上波中継を打ち切られた。これがPRIDE消滅への引き金となったが、まさに“フジショック”の再来となった。

 さらに谷川広報は「個人的な推測だが」と前置きし「12月31日、別の格闘技で地上波放送が決定しているという話をチラッと聞いた。それが理由ならせめて言ってほしい」と爆弾を投下した。

 かねて格闘技界では、旧DSE代表の榊原信行氏(51)を中心に“旧PRIDE”スタッフによる新イベント開催の情報が飛び交っている。“旧K―1”の谷川広報も「誤解しないでほしいが、その団体には頑張ってもらいたい。かつてしのぎを削った優秀な方のイベントなので」と榊原氏の興行であることをにおわせた。

 旧PRIDE系イベントについて、格闘技関係者からコメントが出たのは初めて。“新PRIDE”実現に向け現実味を帯びている様子だ。

 一方、フジに“フラれた”谷川広報は「契約書は交わしているので放送する義務がある。僕は雇われ広報だが、契約している会社とは訴訟になると思う」と法廷闘争を予測。「巌流島」も「こんなことで負けたくない」と継続を宣言したが“テレビありき”からテレビ局が離れれば、今後については自明の理だ。

 大みそかに向け格闘技界にさらなる激震が走るのは間違いなさそうだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
ミス東スポがBAOO高崎を紹介!
ミス東スポ2017の日里麻美、矢野冬子とお笑い芸人キャプテン渡辺が快適な場外馬券売り場「BAOO高崎」をご案内します。

【GⅠオールスター競輪】“世界のカズナリ”歓喜のGⅠ制覇
地元の渡辺一成が新田祐大とワンツー決めてGⅠ・2回目の優勝をつかんだ!!

アスリート 美ューティー TALK
強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!


おすすめコンテンツ
サマーチャンピオン(16日・佐賀競馬場)、ブリーダーズゴールドカップ(17日、門別競馬場)

ピーターは真のヒーローになれるのか?(全国ロードショー)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は若松ボート・SG「メモリアル」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!