• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 棚橋がNJC初戦敗退を猛反省

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

棚橋がNJC初戦敗退を猛反省


矢野(左)とのリベンジマッチを熱望した棚橋(右)

 新日本プロレスの棚橋弘至(38)が9日、出直しの誓いを立てた。開催中の「NEW JAPAN CUP」では天敵の矢野通(36)に足をすくわれ、キャリア初の1回戦負け。屈辱を味わった逸材は「出場16選手中最弱」と自己分析した。自らの決めゼリフが重くのしかかってきており、王座戦線の最後列に並び直す覚悟で天敵への雪辱を見据えた。

 

 前IWGP王者として復権をもくろみNJCに臨んだ棚橋だが、5日の1回戦で矢野にわずか167秒で丸め込まれた。初戦敗退はキャリア初の屈辱だった。

 

 その矢野は8日に行われた2回戦で飯伏幸太(32)にこちらも164秒で敗戦。矢野が徹底した短期決着狙いの戦法だったとはいえ「164秒で負けた男に167秒で負けた男」となった前王者は立場がない。「『100年に一人の逸材』どころか16人中16番手になるとは…」と、NJC閉幕を待たずに“最下位”と自己分析し危機感をあらわにした。

 

 ランキング制が導入されているわけではないものの、さすがの棚橋も王座争いの最後列に回らざるを得ない。「正攻法で(ベルト戦線に)上がるんだって言ってたチャンスをさっそく逃したっす。こういう時、何て言うか知ってます?『IWGPは遠いぞ』ってね…」。これまで得意げに他選手に通告してきた決めゼリフが自らに返ってくるとは、何とも皮肉な展開だ。

 

 もちろんこのまま終わるわけにはいかない。棚橋は「そこから這い上がる術をいくつも持っているからこその逸材。ベルトどうこうより、まずは目の上の矢野ですよ。(ベスト8止まりで)8番手の矢野から直接勝たないと」と天敵退治に照準を定めた。

 

 この日の熊谷大会では6人タッグ戦で矢野と激突し、互いに急所攻撃を繰り出すなど遺恨がヒートアップ。両者はNJC決勝が行われる15日広島大会でもタッグ戦で対戦する。棚橋としては一騎打ちの舞台をつくり上げたいところだ。昨年の東京スポーツ新聞社制定プロレス大賞で歴代4位タイとなる3度目のMVP受賞から一転、どん底に突き落とされたプロレス界のエースが巻き返しを狙う。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】 小嶋敬二 豪脚発揮で二次予選9Rを制圧
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【とこなめGⅡモーターボート大賞】山田康二がGII初制覇!
山田康二が得意のとこなめでイン逃げを決めて優勝を飾った。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。