• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > G1覇者オカダ がんの子供たちのため「レインメーカー基金」設立へ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

G1覇者オカダ がんの子供たちのため「レインメーカー基金」設立へ
2014年08月12日 11時00分
ページ: 1 2

 新日本プロレス真夏の祭典「G1クライマックス」優勝決定戦が10日、埼玉・西武ドームで行われ、オカダ・カズチカ(26)が中邑真輔(34)を撃破し、2年ぶり2度目の優勝を果たした。公式戦を含めると合計9勝を必殺のレインメーカー(変型短距離首折り弾)でつかみ取ったVの裏には、知られざる決意があった。プロレス界では前代未聞の「レインメーカー基金」を設立するというのだ。

 

 プロレス史上初の西武ドーム決戦で迎えた優勝決定戦。CHAOSの同門・中邑との頂上決戦が動いたのは20分過ぎだ。スライディング式、ジャンピング式のボマイェを浴びたオカダは、正調ボマイェにカウンターのドロップキックで反撃に出る。


 粘る中邑を逆さ押さえ込みに捕らえると、相手が返した瞬間に間髪を入れず引き込み式のレインメーカー一閃。さらに起き上がりこぼしのような形でもう一発叩き込むと、最後は正調レインメーカーを炸裂させ、魂の3連発で栄冠をつかみ取った。


 公式戦の8勝に優勝決定戦を加えると、計9勝をレインメーカーで挙げてG1制覇。こだわり続けた右腕には、知られざる決意が秘められていた。オカダが長崎・五島列島で幼少時を共に過ごし「父親代わり」と慕った伯父・田端勝利さん(64)は現在、大腸がんと闘っている。母親・富子さんの兄に当たる勝利さんに自分の活躍を届けるため奮起しているのは、今年の1・4東京ドーム決戦後に報じている。ところが昨年6月には勝利さんの孫・田畑毅(たける=14)君が左足の骨肉腫に侵されていたことが判明。毅君は昨年11月に「自家液体窒素処理骨移植」の手術を受け、今年7月に退院したが、伯父に続く親戚の闘病を知りショックを受けていたオカダは、今年に入り一つの決断をした。

 

ページ: 1 2
【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【スーパージョッキーズトライアル第1ステージ】3人が暫定1位の大激戦!
第1ステージは6日、盛岡競馬場で行われ、村上忍、丸野勝虎、赤岡修次の3人が暫定1位に躍り出た。

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊がマイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの嘔吐事件、不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動など“とくダネ”大放出!

総勢140人以上!ゲームショウの美人コンパニオンを大特集
 ゲームの祭典「TOKYO GAME SHOW2014」が18日、千葉・幕張メッセで開幕した。東スポWebではイベントの華である各ブースのコンパニオンを140人以上を特集!


おすすめコンテンツ
10・31ニコ生「東スポ×競馬ラボ」で編集不可能な過激トークバトル展開?

自らの秘められた過去を暴露した理由を、遠野自身が解き明かす

様々なテーマとスタイルで小蜜があなたを骨抜きにします!

今回は、本紙で報じた「“人魚”捕獲は日本海大地震兆候か」。

今回は「とこなめSGボートレースダービー」

新着フォト
東スポ動画
昨年2月、卵巣に境界悪性腫瘍が見つかり卵巣と子宮を全摘出。AVを含む一切の活動を一時休止し、その後は抗がん剤治療も受けた麻美ゆまが、東京スポーツ新聞社を訪れ、すっかり元気になった姿を披露した。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。