• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > T―HawkとEitaがツイン王座奪取

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

T―HawkとEitaがツイン王座奪取
2014年07月21日 15時55分

戸澤(右)に合体弾を見舞うT-Hawk(左)とEita(中)

<ドラゴンゲート・神戸ワールド記念ホール大会(20日)>ドラゲー新世代軍が大舞台で結果を残した。セミでは、ミレニアルズのT―Hawk(24)、Eita(22)組がオープン・ザ・ツインゲート統一タッグ王座を奪取。第32代王座に君臨した。

 若き2人が挑んだのは、最多防衛記録タイV6がかかった鷹木信悟(31)、戸澤陽(28)組。序盤は戸澤の決死ダイブと鷹木のパワー殺法に劣勢を強いられた。戸澤には計3発のトペ・スイシーダを浴び、鷹木の左ラリアートを食らったEitaが腰から砕け落ちた。

 だが、メキシコ修行で会得したジャベで一気に流れを引き寄せた。25分過ぎ、Eitaが鷹木を変型腕ひしぎ逆十字で執ように締め上げる。戸澤のカットプレーを受けても再びリング中央へ引き戻す。

 鷹木に大ダメージを負わせたEitaは、コーナー最上段から場外の戸澤を目掛けて危険な月面アタックを敢行。分断に成功すると、T―Hawkが孤立した鷹木の顔面にかち上げ式ニーを突き刺し、必殺のナイトライド・エンド(急角度変型ドライバー)で勝利を決めた。

 30分を超える激闘にもリーダーのT―Hawkは涼しい表情だ。「Eitaは初めての神戸ワールド。いとも簡単にツインゲートのベルト取ったぞ、俺たちは。神戸ワールドのセミはこんなもんか!!」。ドラゲーマットの世代交代が一気に加速しそうな気配だ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GI競輪祭】平原康多が優勝
5回目のGⅠ制覇を果たした平原は「KEIRINグランプリ2014」の切符を手にした

麻美ゆま 連載「HAPPY&SMILE」
セクシー女優・麻美ゆまがAVのこと、病気のことなど、赤裸々に半生を語り尽くす。(全20回)

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊がマイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの嘔吐事件、不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動など“とくダネ”大放出!


おすすめコンテンツ
競輪界のレジェンド・神山雄一郎が、記念の最年長優勝記録を更新

週末のレースに向けて「UMAJIN.net」編集部で行われている、デスクとスタッフ・伊藤のナイショ話

自らの秘められた過去を暴露した理由を、遠野自身が解き明かす

今回は、本紙で報じた「“人魚”捕獲は日本海大地震兆候か」。

今回は「下関SGチャレンジカップ」(25日開幕)

新着フォト
東スポ動画
WWEの「ザ・ロック」ことドウェイン・ジョンソン(42)が主演映画「ヘラクレス」のジャパンプレミアのため12年ぶりに来日した。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。