• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 「KING OF DDT」制した木高 裏方から両国のメーンへ!

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「KING OF DDT」制した木高 裏方から両国のメーンへ!
2014年06月30日 16時00分

木高(上)は鮮やかなニードロップを決めてトーナメント初制覇

 DDT29日の後楽園大会で最終日を迎えたトーナメント「KING OF DDT」は、木高イサミ(32=ユニオン)が決勝戦でKUDO(年齢非公表)を撃破し初優勝を決めた。

 

 木高は飯伏幸太を、KUDOは入江茂弘をそれぞれ下して迎えた決勝戦。木高は序盤からKUDOの足へ集中砲火を浴びせて主導権を握る。15分過ぎにKUDOのダイビングダブルニーをかわすと、最後は勇脚・斬(ランニング式トラースキック)で3カウントを奪ってみせた。

 

 トーナメント参加全16選手の頂点に立った木高は、年間最大イベントとなる8月17日両国国技館大会のメーンでKO―D無差別級王座への挑戦権を獲得。7月20日に行われる同王者HARASHIMAと挑戦者ケニー・オメガの勝者と激突することが決定した。

 

 両国のメーンは憧れの舞台だった。DDTが初進出を果たした2009年の大会では、試合が組まれず来場者への無料DVD配布係を務めていた。翌年もパンフレット販売業と、ビッグマッチではリングに上がれず裏方に回る日々が続いた。「悔しい半面、いつかは絶対立ってやろう、やってやろうと思ってました」(木高)。宮本裕向とのタッグチーム「ヤンキー二丁拳銃」のブレークを経て、この日ついにシングルプレーヤーとして大きな勲章を得た。

 

「これが頂点だと思ってないので。あと1回です」。両国でのベルト奪取で、雑草男が「成り上がり」を完遂させる。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

岸和田GⅠ「第66回高松宮記念杯競輪」
武田が地元・近畿ラインを粉砕 6回目のGI優勝

麻美ゆま 連載「HAPPY&SMILE」
セクシー女優・麻美ゆまがAVのこと、病気のことなど、赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)


おすすめコンテンツ
推定患者600万人! 症状・対処法は…

現役フリーアナが、運命の人を探し出す!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

週末のレースに向けて行われている、デスクとスタッフのナイショ話

自らの秘められた過去を暴露した理由を、遠野自身が解き明かす

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

次回は「SGオーシャンカップ」

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2015」グランプリは璃乃、星優姫、城田あや
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。