• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 「KING OF DDT」制した木高 裏方から両国のメーンへ!

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「KING OF DDT」制した木高 裏方から両国のメーンへ!
2014年06月30日 16時00分

木高(上)は鮮やかなニードロップを決めてトーナメント初制覇

 DDT29日の後楽園大会で最終日を迎えたトーナメント「KING OF DDT」は、木高イサミ(32=ユニオン)が決勝戦でKUDO(年齢非公表)を撃破し初優勝を決めた。

 

 木高は飯伏幸太を、KUDOは入江茂弘をそれぞれ下して迎えた決勝戦。木高は序盤からKUDOの足へ集中砲火を浴びせて主導権を握る。15分過ぎにKUDOのダイビングダブルニーをかわすと、最後は勇脚・斬(ランニング式トラースキック)で3カウントを奪ってみせた。

 

 トーナメント参加全16選手の頂点に立った木高は、年間最大イベントとなる8月17日両国国技館大会のメーンでKO―D無差別級王座への挑戦権を獲得。7月20日に行われる同王者HARASHIMAと挑戦者ケニー・オメガの勝者と激突することが決定した。

 

 両国のメーンは憧れの舞台だった。DDTが初進出を果たした2009年の大会では、試合が組まれず来場者への無料DVD配布係を務めていた。翌年もパンフレット販売業と、ビッグマッチではリングに上がれず裏方に回る日々が続いた。「悔しい半面、いつかは絶対立ってやろう、やってやろうと思ってました」(木高)。宮本裕向とのタッグチーム「ヤンキー二丁拳銃」のブレークを経て、この日ついにシングルプレーヤーとして大きな勲章を得た。

 

「これが頂点だと思ってないので。あと1回です」。両国でのベルト奪取で、雑草男が「成り上がり」を完遂させる。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
東京スポーツ新聞社制定「2014年度プロレス大賞」
最優秀選手賞(MVP)は棚橋弘至(38=新日本プロレス)が3年ぶり3度目の受賞を果たした。

【12・30岸和田】KEIRINグランプリ2014
「KEIRINグランプリ2014」に出場する地元・大阪の稲川翔を、岸和田出身でNHK連続テレビ小説「カーネーション」に出演した女優でプロレスラーの川崎亜沙美が激励。

麻美ゆま 連載「HAPPY&SMILE」
セクシー女優・麻美ゆまがAVのこと、病気のことなど、赤裸々に半生を語り尽くす。(全20回)


おすすめコンテンツ
大魔神・佐々木×アンカツ×麒麟・川島に本紙舘林&安田美沙子も参戦

女子プロレス界最大のカリスマが波乱に満ちた生い立ちから、日本中を熱狂の渦に巻き込んだクラッシュギャルズの真相などを赤裸々に語る。(全15回)

週末のレースに向けて「UMAJIN.net」編集部で行われている、デスクとスタッフ・伊藤のナイショ話

自らの秘められた過去を暴露した理由を、遠野自身が解き明かす

“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊が女子アナの“とくダネ”大放出!

今回は、本紙で報じた「“人魚”捕獲は日本海大地震兆候か」

今回は「SGグランプリ、GⅠクイーンズクライマックス」

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2015」の称号を目指してグラビアアイドルが奮闘中のサバイバルオーデ­ィションのニコニコ生放送公開イベントが11月29日、東京「サブカルカフェ&バー ニュータイプ新宿」で開催された。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。