• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 試合をボイコット!新日・高橋裕二郎が廃業の危機

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

試合をボイコット!新日・高橋裕二郎が廃業の危機
2014年04月24日 11時00分

試合中だというのに、高橋裕二郎はさっさと控室へ

 新日本プロレスの高橋裕二郎(33)が引退…いや廃業危機に陥っていることが発覚した。

「ここ最近、新日本に対する怒りというか…。それを通り越して、もう無気力感しかない。存在を全否定されて、気持ちが萎えてる」

 裕二郎のモチベーションは限りなく低い。その理由は20日に全カードが発表された5月3日福岡国際センター大会だ。裕二郎の名前は第0試合にすら入らず、自動的に欠場が決定してしまった。

 裕二郎は2012年からR指定男としてブレーク。

 同年11月にはIWGPヘビー級王座に初挑戦も果たしたが、以降は目立った活躍ができていない。ビッグマッチで試合が組まれないのは1月4日東京ドーム、4月6日両国に続き今年だけで早くも3度目。3月「NEW JAPAN CUP」でも見せ場なく初戦敗退と、ここ最近は真夏の祭典・G1に4年連続出場中の選手とは思えない低迷ぶりが続いている。

「コンディションは全然(問題ない)」と主張する裕二郎だが、それだけにシリーズに帯同しながらビッグマッチ欠場の現状に不満を抱いている。「戦力外みたいなもんじゃないですか。プロレスラーとして気持ちが入らない」とぶちまけた。

 この日の愛知・豊橋大会では8人タッグマッチに出場しながら、明らかな怠慢ファイトを展開。場外乱闘にも加わらず、自軍の敗戦が濃厚となったところで試合中にもかかわらず一人足早に帰ってしまった。激しい競争が繰り広げられる新日マットにおいて、覇気が全く感じられない裕二郎は完全に孤立。このままだと最悪の場合、退団→廃業の可能性も浮上する。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
“日本の脱出王”初代・引田天功が蘇る! new
1970年代に一世を風靡した伝説の番組をCSチャンネル「ファミリー劇場」が放送する

麻美ゆま 連載「HAPPY&SMILE」
セクシー女優・麻美ゆまがAVのこと、病気のことなど、赤裸々に半生を語り尽くす。(全20回)

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
現役フリーアナが、運命の人を探し出す!タイムリミットは4月25日

第1回予選会は3月18日スタート

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

今回は、本紙で報じた「“人魚”捕獲は日本海大地震兆候か」

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

週末のレースに向けて行われている、デスクとスタッフのナイショ話

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

次回は「ボートレースクラシック」

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2015」グランプリは璃乃、星優姫、城田あや
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。