• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 脳梗塞から奇跡の復帰!燃えるGENTARO

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脳梗塞から奇跡の復帰!燃えるGENTARO
2014年04月09日 16時00分

脳梗塞からの復帰戦で木高(左)と激突するGENTARO(右)

 フリーダムズ5・2後楽園大会で脳梗塞による長期欠場から復帰するGENTARO(39)が、1年8か月ぶりの試合にかける思いを明かした。

 

 GENTAROは2012年8月札幌大会の試合後に脳梗塞で倒れた。3日間意識不明が続き当初は「車椅子に乗れることが奇跡」とも言われたが、懸命のリハビリを続け昨年5月から練習も再開。復帰戦では木高イサミと激突する。

 

「スポーツ選手で脳梗塞から競技復帰した例はあまりないけど、髙山(善廣)さんが復帰されているので前向きな気持ちになれた」。復帰戦はメーン後の特別試合として行われる。

 

 現在は「99%回復している」というGENTAROは「いっぱい元気づけられたけど、特別扱いじゃなく普通に試合をするつもり」と、完全復活を予告した。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&本紙舘林らが「天皇賞・秋」をテーマに大討論会!
10・31ニコ生「東スポ×競馬ラボ」で編集不可能な過激トークバトル展開?

【スーパージョッキーズトライアル】高知・赤岡修次が激戦を制し総合V
第2ステージが10月23日、名古屋競馬場で行われ、高知の赤岡がワールドスーパージョッキーズシリーズの出場切符を手にした。

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊がマイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの嘔吐事件、不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動など“とくダネ”大放出!


おすすめコンテンツ
自らの秘められた過去を暴露した理由を、遠野自身が解き明かす

様々なテーマとスタイルで小蜜があなたを骨抜きにします!

今回は、本紙で報じた「“人魚”捕獲は日本海大地震兆候か」。

次回は「下関SGチャレンジカップ」

新着フォト
東スポ動画
WWEの「ザ・ロック」ことドウェイン・ジョンソン(42)が主演映画「ヘラクレス」のジャパンプレミアのため12年ぶりに来日した。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。