• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 田口 6日両国のデヴィット戦に引退かける

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

田口 6日両国のデヴィット戦に引退かける
2014年04月04日 16時00分

開始前にデヴィット(右)の急襲をうけた田口

【新日本3日・後楽園大会】新日本プロレス6日の両国大会でプリンス・デヴィット(32)と激突する田口隆祐(34)が3日、「ルーザー・リーブ・タウンマッチ」(敗者追放マッチ)への変更を要求した。

 

 田口は昨年4月の両国大会でデヴィットに裏切られた。その後不良外国人軍「バレットクラブ」を率いて暴れまわったデヴィットとは対照的に、田口は腰を負傷して長期離脱。今年2月に復帰するまでどん底を味わった。

 

 2年越しの遺恨清算マッチに向け、田口は悲壮な決意を抱く。「デヴィットは新日本プロレスに必要ない」と断言して、敗者追放マッチを要求。「その十字架を受けて立つなら、自分は引退を懸ける。今のままだと向こうもメリットもないでしょうし」と、自身が敗れた場合は新日プロどころかプロレス界から身を引く覚悟を決めた。

 

 進退を懸けるのは単なる思い付きではない。腰の状態は100%に程遠い。それでもデヴィットに勝たない以上、ジュニアトップ戦線に食い込めないのも現実だ。田口は「ここでまた勝てないようなら限界が見えてきますし。これだけ(復帰のために)やって勝てないようなら、力の差があるということ。潔くという思いもある」と胸中を明かした。

 

 これに対しデヴィットは「どういう覚悟で来ようが、叩き潰すだけだ。一つ言えるのは、田口もよく頑張ったんじゃないか。潮時だろう」と、容赦なく宣告。かつてのパートナー同士の対決は仁義なき戦いとなりそうだ。この日の後楽園大会では前哨戦で激突。互いに一歩も引かない攻防で、両国決戦に向け火花を散らした。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
第3回「日韓競輪対抗戦」韓国のキム・ミンチョルが連覇
28日の決勝(10R)は韓国勢が巧みな連係を見せ、番手まくりに乗ったキム・ミンチョル が抜け出して優勝。大会連覇を飾った。

「2014年度プロレス大賞」授賞式
41回目となる東京スポーツ新聞社制定「2014年度プロレス大賞」授賞式が19日、都内のホテルで行われた。

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊がマイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの嘔吐事件、不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動など“とくダネ”大放出!


おすすめコンテンツ
セクシー女優・麻美ゆまがAVのこと、病気のことなど、赤裸々に半生を語り尽くす。(全20回)

女子プロレス界最大のカリスマが波乱に満ちた生い立ちから、日本中を熱狂の渦に巻き込んだクラッシュギャルズの真相などを赤裸々に語る。(全15回)

週末のレースに向けて「UMAJIN.net」編集部で行われている、デスクとスタッフ・伊藤のナイショ話

自らの秘められた過去を暴露した理由を、遠野自身が解き明かす

今回は、本紙で報じた「“人魚”捕獲は日本海大地震兆候か」

次回は「ボートレースクラシック」

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2015」グランプリは璃乃、星優姫、城田あや
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。